☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文虎巻・文の巻9 ツボに入る工夫がされてきている…
※文虎巻についてはコチラ!
そのさらに詳細の、記憶伝達術である「文の巻」については
コチラに、説明があります!


↓文虎巻・文の巻「目次」です♪




今回は第3章
・入口が狭いのは良いことなんです♪
の続きです。

前回は、
「狭きツボに入れやすくする工夫」
についての続き

?五感を良く使おう!
 →視覚を使ったものが増えている

?興味を持ったときに一緒に色々覚えよう!

です。

最近「病気が見える」という参考書が

人気です。

極力、言葉より「絵」を重視した

参考書、といえるでしょう。




「乳腺症」
・ほとんど両側性に発生する
・乳腺の自発痛、圧痛
・ときに血性分泌をみることもある。
・好発年齢は30代後半?閉経前後


いきなりですみません、

こういった疾患を大量に今、

覚えています。


例えば、乳腺の疾患がこれだけならまだしも

他にも

「乳腺線維腺腫」
「乳腺管内乳頭腫」
「乳腺炎」

などなど、乳腺疾患だけでも、

沢山あります。



それぞれに、

「両側性(両方に発生)」

なのか、

「片方だけ」

なのか。



分泌物が出る疾患なのか、

出ないのか、

それらの大量の情報を覚えていくうちに、


えんちょうせんせい乳腺症は若い人に発生する。○か×か?」

なんて聞かれてれてしまうと

栗毛馬なんだったっけな??」

となってしまいます。




一種の解決策として、

視覚で覚える

というのが良いと個人的には思います。


例えば、
乳腺症1
これは個人的にその参考書の絵を

貼り付けて、書き込んだものです。




これから書く事は「4章:右脳で覚えよう」でも書く予定の

ものに近いのですが、

こういった図を「ビジュアル」として、

覚えておくと、

何かあったときに

えんちょうせんせい乳腺症は若い人か?」

と言われたときに

栗毛馬そう言えば、あの絵は、そこまで若い人ではなかったな…」
となり、

えんちょうせんせい両側性か?」

と聞かれたら、

栗毛馬確かに両方だった気がする。」

となります。




えんちょうせんせい痛みは伴いますか?」

という質問には、
乳腺症1
赤いイナズマ雷で痛そうな事を思い出すようにします。

すると、一つの絵を覚えれば、

多くの事が分かると思います。




最近は、宣伝や、その他の場面で、

視覚で訴える場面は増えてきていると思います。


それはうまくすれば、大量の情報を、

インパクトをもって、

対象者に与えられるというメリットがあるからかもしれません。


※コラム
このような視覚に訴えるの技法は
昔は無かったのか??
→はコチラ




次回はせっかくの医学生として、

とある思い出深いエピソードを例として挙げたいと思います。

ある実習でであった少年と、

その疾患についてのエピソード

です。

このような経験があると、

ヒトは決して忘れません……

>>次回


いつもありがとうございます!
10位圏内はどうか?めらめら一日一回カウントです♪
 
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へにほんブログ村 病気ブログ 医学へ
※↑Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
☆「医大生」「医学」はどちらか一つでOKです♪



↑近未来型ブックマーク!?PC説明PC


↓読んだら拍手ばいばいくれると嬉しいです♪

スポンサーサイト
コメント

視覚から覚えると、何かのときに
思い出しやすいような気がします☆

宣伝のポスターやCMってよくできてますよね!
[2010/01/07 23:20] URL | らーふぁ #- [ 編集 ]

らーふぁさん♪
コメントありがとうございます♪
最近インパクトのあるCMとかって多いですよねf^_^;
策略と分かっていながらも結構そのフレーズを
覚えてしまったりって結構ありますよね。
本当にそういう企画を考える人ってすごいと思います♪
[2010/01/08 00:54] URL | k1sh #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/89-7e589be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。