☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義室・学生向け4 気ままに分かる☆感度と特異度
※講義室の説明は家ホームをごらんください!
※「講義室・学生向け」の一覧を見るには、
左のカテゴリーコチラをどうぞ♪

本テーマはちょっと専門をかじった、
もしくはかじろうとしている人向けです。

「気ままに分かる☆感度と特異度」
いつも分からなくなる、このテーマ。
分かりやすく、たとえ話を駆使しながら、
楽しく理解できるよう、解説していきます。




 


今回は
4章:実践編剣こういう場合、どっちを使う?
あなたが医師になったとして、
個々のシチュエーションを考えてみましょう♪


前回で、

感度が高い検査で
・注目すべきは「陰性!」
・意味があるのも「陰性(-)」のとき!


特異度が高い検査で
・注目すべきは「陽性(+)」
・意味があるのも「陽性(+)」のとき!


ということを書きました。


では、個々のシチュエーションで、

「感度の高い検査と特異度の高い検査」

どちらを選べばよいのでしょうか、

これを考えて見ましょう。



アップロードファイルシチュエーション?
とある診療所にブヒッさんが患者としてやってきました。

ブヒッ「先生、自分癌じゃないかと思うんです」

「何故ですか?」

ブヒッ「だって、咳がゴホゴホでるし、体調も悪いし、
友人でこの前癌で亡くなった人もいるんで、心配で心配で……」

そうおっしゃるブヒッさん。

しかし、色々問診などを進めてみると、

年齢は30-40代、タバコも吸っていない、

体重が急激に減るということもないし、

咳に血が混じる、ということもない。


今のところブヒッさんは

「癌ではない方向ではないか?」

と考えたとします。



線で表すとき、右に行けば行くほど

「その疾患だ!」

と確信に近づき、

左に行けば行くほど

「その疾患ではないな…」

となるとします。

今回の今の状況では、


という風に、少し左に寄っている、

ということになります。




ここで、次、普通ならどうしたいでしょうか?

左に行きたいか、右に行きたいか?

あのひよこう?ん、右もいいけど左もよさそうだしぃ?
ちがうかもしれない。
どっちかな、こっちも捨てがたいしなぁ?…」


と悩むのが好きな人も中にはいるかもしれませんが、

通常はどちらか一方に決めたいはずです。



この状況では、既に少し左に傾いているわけですから、

これを

「さらに左」

に寄せ、

早くしっかりとした結論を導きたい、

というのが通常の流れだと思います。




つまりこの状況では、
(少し左によっている、つまり、
どちらかというとその疾患は否定的という状況)

とある検査をするならば、

その結果が、その疾患を否定する、

ということを助けてくれる検査をするべきです。


では、感度の高い検査、特異度の高い検査

どちらが助けになるでしょうか?


とりあえずやってみましょう。



A.感度の高い検査をやってみた
snap_1jigen1c_20091161921.jpg

さらに陽性(+)だったとします。

つまりブヒッさんは「やはり癌である」という結論が

出てしまい、

さらに感度の高い検査で陽性と出ても、

図の赤丸の中を見ればわかるように、

本当に「癌か否か」は疑わしいのです。



では、陰性(-)だったとします。

この感度の高い、(+)の出やすい検査にも関わらず、

ブヒッさんは「癌ではない」

と出ました。

これは上の図

を、さらに←にもって行くことができ、

「やっぱり癌じゃないですよ」

という波追い風になります。



では特異度の高い検査をしたとします。
snap_1jigen1c_200911611328.jpg
さらに(+)だったとします。

これで、ブヒッさんは「癌である」という事が

濃厚になってしまいました。

左にもって行きたかったのに、

さらに迷わされる結果になってしまいましただだ泣き

また(-)がでたとしても、

もともと(+)の出にくい検査。

その(-)にはあまり意味が無いのです。



そもそも、他のヒント(年齢、身体所見)から、

ブヒッさんは、どちらかというと「癌ではない」

可能性が高い状態ですから、

(+)が出る可能性は低いので、

それなのに、わざわざと必要度の低い検査をやる意味も

ないはずです。



ということで、シチュエーション?の結論
その他のヒントより、
その疾患がどちらかというと否定的だった場合、
特異度の高い検査より、
感度の高い検査をして、
(-)が出れば、より確信度を高められる


ということになります。



同様に、

アップロードファイルシチュエーション?

今度は栗毛馬さんがやってきました。

栗毛馬「先生、自分『念仏病』じゃないかと思うんです。
何を聞いても頭に入らないし…」

本当にその病があるかどうかは別として、

現在この栗毛馬さんは

「念仏病である」

可能性が高い状況だとします。

つまり↑こういうことです。

この状態では、右に寄せる、つまり

更なる検査により、

栗毛馬さんは念仏病である」

という結論が欲しい、ということになります。

すると同様に

感度の高い検査で(+) →あまり意味が無い
感度の高い検査で(-) →さらに迷うし、そもそも
その可能性は低いはず
特異度の高い検査で(+)→根拠の追い風となる
特異度の高い検査で(-)→あまり意味が無い

ということになり、

結論はこうなります。
その疾患が疑わしいときの検査は、
感度の高い検査より、
特異度の高い検査をして
(+)が出れば、よりその疾患だという根拠の
追い風となる。


ということになります。




いかがでしょうか。

分かりやすくするために、

色々簡略化した点はご了承ください。

何か間違っている点や、ご質問などあれば、

遠慮なくおっしゃっていただきたいと思います。



もしリクエストなどがあれば、

より具体例などを挙げたいと思いますが、

今のところ「気ままに分かる☆感度と特異度」は

これにて終了となります♪

ご清聴ありがとうございましたfight



 



皆様のお陰で好位置に!!めらめら ※一日一回まで有効♪
↓現在はどうか?? 読んだら是非クリックを☆
 
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へにほんブログ村 病気ブログ 医学へ

※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
☆「医大生」「医学」はどちらか一つでOKです♪
※FC2ブログはクッキーが有効でないと加算されない事があります!
説明


↑近未来型ブックマーク!?PC説明PC
↓読んだら拍手ばいばいを!筆者が報われます♪
スポンサーサイト
コメント

こんばんは~♪

今年は私がブログを始めてから一番最初にリンクを
申し込んで頂いたり、色々コメントを頂いたり本当にお世話になりました!

また来年もよろしくお願いします☆
[2009/12/30 17:24] URL | らーふぁ #- [ 編集 ]

らーふぁさん♪
コメントありがとうございます!
らーふぁさんのブログはいつも楽しく読めて、
特に夜中はかなりよだれを垂らしながら読ませて頂き、
いつか必ず四国に行きたい~って思わせてくれる
ブログだな~って思います。

こちらこそいつもコメントありがとうございます♪
最終的には自己満足のはずのブログも、
やはり見ていただいていると思うと、
書く気力をいただいていると思いますf^_^;

来年も宜しくお願いします!
[2009/12/31 23:30] URL | k1sh #- [ 編集 ]

初めまして!
すごくわかりやすかったです。
今学校で検査について学んでいて、難しいのでなかなか理解できず…(;ω;)
助かりました。学校でもこんな風に教えてくれればいいのに。
[2013/02/02 12:52] URL | AYU #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>AYUさん!
コメントありがとうございます!
そう言ってもらえると嬉しいです。
自分もなかなか理解できず苦しみました。
もしよろしければ沢山の人に広めてください(笑)
他の記事も是非ご覧くださいね。
[2013/02/02 20:05] URL | k1sh #- [ 編集 ]


獣医師です。
すごくわかりやすく頭がスッキリしました!
[2013/06/12 10:24] URL | 匿名 #- [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2013/06/14 23:32] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/86-edcb05d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。