☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義室・学生向け3 気ままに分かる☆感度と特異度
※講義室の説明は家ホームをごらんください!
※「講義室・学生向け」の一覧を見るには、
左のカテゴリーコチラをどうぞ♪

本テーマはちょっと専門をかじった、
もしくはかじろうとしている人向けです。

「気ままに分かる☆感度と特異度」
いつも分からなくなる、このテーマ。
分かりやすく、たとえ話を駆使しながら、
楽しく理解できるよう、解説していきます。




 


今回は
3章:感度特異度、注目点のワナとは??
です。

前回はラジオのボリュームを使って、

「感度が高い、とはどういうことか?」
「特異度が高い、とはどういうことか?」

を書きました。

いよいよ、実践編剣に入ります。

実践編の予備段階として、

注意して欲しいことがあります。



感度が高い、ということは
一般的には、
・偽陰性が少ない
・本来陽性とされるべきものが陰性とされることが
少ない
・本来陽性と判定されるべきものが
陽性と判定されやすい


そして、分かりやすく言うと、

・取りこぼしが少ない、
・陽性になりやすい


ということになります。

ここに、陥りやすいワナドクロがあるのです。
※自分だけかもしれませんが汗

感度、を考えるときに、

「陽性、陽性」

というキーワードが沢山出てくるので、

つい、「陽性(+)」の方に

注意がいきがちです。



しかし、感度が高いとき、

注目すべきは、

「陰性(-)」

の方なんです。



これはどういうことでしょうか?


次の図をもう一度ご覧ください。
snap_1jigen1c_20091161921.jpg
詳細の説明は第一章をごらん頂くとして、

簡単に再度説明させていただきますと

茶色が「疾患あり」で、

赤丸の内側が、

「検査で陽性(+)とでた」

人、となります。




すると、これは感度が高い、

ということを表した図になります。



ここで注目すべきは、
感度高い内側
この水色で塗った「内側」、ではなく

感度高い外側
このように、灰色で塗った、「外側」

なんです。



何故でしょうか?
snap_1jigen1c_20091161921.jpg
もう一度図をごらんください。

赤丸の内側の人は、みんな検査で

「陽性(+)」

と出たことになります。

内側の人に注目してみると、

疾患がある(茶色)人もいれば、

本当は疾患は無かった(白丸)の人もいます。



つまり、この検査で「+」、

つまり赤丸で囲まれた人、となっても、

実際には

「本当に疾患があるのか、無いのか良く分からない!」

のです。



大きく囲んでしまっているがゆえ、

それは仕方ない運命ではあるのですが。



では外側に注目してみましょう。


赤い○の外側はこの検査で、

「陰性(-)」

とでたことになります。



大きく囲んでくれたために、

外側にいる人は、ほとんど(この例では皆)

白丸です。


つまり、この検査(感度の高い検査)で、

陰性になった人は、

「その疾患ではない」可能性がとても高い、

と言えるのです。



言い換えれば、

「(+)が出やすい検査だったにも関わらず
(?)がでた、ということは、
おそらく(-)であると信じてよいのだろう」


といえるのです。



その逆も然り、

特異度が高い試験も、同様に考えることができます。
snap_1jigen1c_200911611328.jpg
特異度が高い場合、

注目すべきは、○の内側です。

外側(陰性(-))だった人は、

白丸だったり、茶丸だったりしますが、

内側(陽性(+))になった人は、

ほとんど(今回は皆)茶丸です。



つまり、特異度の高い検査において、

「陽性(+)が出た」

ということは、その「疾患である」

可能性が高い、ということになります。



言い換えると、

「なかなか陽性(+)の出ない検査にもかかわらず
陽性(+)が出た、ということは、
その疾患である可能性が高い」


と言えるのです。

これこそその疾患に

「特異性のある検査、
その疾患しか反応しない検査」

ということで、特異度の高い検査、

というのですが、そうそう簡単に分かるものでは

ないですよね汗
※少なくとも自分はとても苦労しました絵文字名を入力してください

最後に一つ、医学生っぽく、
「SLE(全身性エリテマトーデス)における、
抗核抗体と抗ds-DNA抗体の見方」
の例を出して、今回は終わりにしたいと思います。
コチラをクリック!

次回は、さらに

「感度の高い検査、特異度の高い検査
この状況でどちらを利用するか?」


を書いて、おそらく最後になります。

>>次回
4章:実践編・こういう場合、どっちを使う?

皆様のお陰で好位置に!!めらめら ※一日一回まで有効♪
↓現在はどうか?? 読んだら是非クリックを☆
 
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へにほんブログ村 病気ブログ 医学へ

※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
☆「医大生」「医学」はどちらか一つでOKです♪
※FC2ブログはクッキーが有効でないと加算されない事があります!
説明


↑近未来型ブックマーク!?PC説明PC
↓もっと読みたいと思ったら拍手ばいばいを!♪
スポンサーサイト
コメント

今年は家族も入院したりして、健康や病気について色々考えさせられた年でした。
私にはちょっと難しいお話しでしたが、勉強になりました(^_^)/
[2009/12/19 23:23] URL | らーふぁ #- [ 編集 ]

らーふぁさんへ♪
コメントありがとうございます!
お陰さまで、更新する気力がわきましたf^_^;
色々大変だったんですね、
いつも当たり前の事のありがたさって、
なくなったときに気づいたりしますよね…
今年もあとわずかですが、よろしくお願いします!
[2009/12/21 00:53] URL | k1sh #- [ 編集 ]


おはようございますi-260

毎回ほんとに勉強になります…!
私のアホ頭にも、スッと入ってくる説明、
読んでいて理解できるとすごく嬉しいです^m^

説明の後に、青文字で重要な事が書いてある部分を読むと、
『そうか~!なるほど…!』って感動します

感度の高い検査と特異度の高い検査の違い、
生まれて初めて知ったのですが、すごくすごく興味深くて
面白かったです…!
一見、陰に隠れがちな(-)の方に着目するという考え方、
目からうろこでした

病院で検査を受ける時も、このことを思い出して
どっちなんだろう??って考えてしまうと思います^^

今日はクリスマスですね^^
良いクリスマスをお過ごしくださいねi-103
ポチi-194
[2009/12/25 09:30] URL | やまねこ #nMYPI6HY [ 編集 ]

やまねこさん♪
コメントありがとうございます!
そんな風にいっていただけると、
自己満足的に書いていたものも、
書いてよかったかも!
と思えますf^_^;

自分は難しいことがすんなり入ってこないタイプの人間で、
苦労したことも沢山ありますが、
その分、伝えるときは頑張って分かりやすく楽しく伝えていけたらと思います♪
★☆南国通信☆★
もかなり楽しませて頂いていますよ!
[2009/12/26 00:34] URL | k1sh #- [ 編集 ]


おひさしぶりです。偶然にも2500踏めました。
報告させていただきます。
更新頑張ってください。
[2009/12/29 12:23] URL | K #- [ 編集 ]

2500!
ありがとうございました!
2500は節目なので、
空席は辛いというところでしたf^_^;
ご報告ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします♪
[2009/12/29 14:37] URL | k1sh #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/79-820525f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。