☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講義室・一般向け5 マスクでインフルエンザは防げない?
※講義室の説明は家ホームをごらんください!

今回は第4弾です!

1.ウイルスと細菌は違うの?
2.ウイルスに抗生物質は効かないって本当?
3.じゃあタミフルって何?
4.マスクをしてもインフルエンザは防げない??
5.では新型はどう違うの?(←書ける力量があるか未定汗

今回は、

4.マスクをしてもインフルエンザは防げない??

についてです。

ナイーブなテーマなので、慎重に書きます汗
インフルエンザ、風邪、花粉の季節も

やはり何と言っても

マスク

を付ける人が多いですね。



さて、このマスク、一体どの程度効果が

期待できるものなのでしょうか?



第一弾の、
1.ウイルスと細菌は違うの?
でも書きましたように、

上に挙げました、

・細菌
・ウイルス
・花粉

これらは全て(ほとんど)目に見えませんが、

大きさは桁違いです。

・細菌     1?10μm(0.000001?0.00001m)
・ウイルス   10?100nm (0.00000001?0.0000001m)
※ウィキペディアより
・スギの花粉 30μm
花粉症研究室より    

分かりやすく言うと、

ウイルスの横幅(ここでは長さで考えます)を1?10とすると、

細菌は、100?1000
スギ花粉は3000

ということになります。




これらをマスクで防ごうとすると、

マスクの隙間はどれ位あるのでしょうか?



ここで、ウィキペディアから頂いたものを記載します。

サージカルマスクの規格
マスクの性能を表す指標としてBFE(細菌濾過効率)とPFE(微粒子濾過効率)がある。前者はマスクによって細菌を含む粒子(平均粒子径4.0?5.0マイクロメートル)が除去された割合(%)、後者は試験粒子(0.1マイクロメートルのポリスチレン製ラテックス球形粒子)が除去された割合(%)のことである。アメリカ食品衛生局では、サージカルマスクの基準をBFE95%以上と規定している。

最後の赤字に注目していただくと、

4?5μm、

つまり上のようにウイルスを1?10とすると、

400?500の大きさのものは、
95%除去できる


ということになります。




花粉の大きさは3000ですから、

なんだかカットしてくれそうな気がします。

細菌も大きさは100?1000なので、

まあ健闘してくれそうな気はします。



ウイルスはどうでしょう?



随分と小さいことがお分かり頂けると思います。



とある先生いわく

「マスクではウイルスはだだ漏れです!」

だそうですやな顔



では、マスクは本当に意味が無いのでしょうか?



「そうか! マスクなんてバカバカしい!」

と言って、インフルエンザ患者さんの中を

どうどうと歩けるでしょうか?

ちょっと気が咎めますよね汗



今回の肝は2つあります。

1.してはいけない

わけではないのです。

してもいいのですが、

もっと怖いのは、

ブヒッ自分はマスクをしているから、人混みにどんどん行こう!」
とか、
fight今日はずっとマスクをしていたから、
ウイルスはついてないから、
手洗いうがいはしなくてもいいや」


などと思ってしまうことこそ、

最悪の事態です。


手洗いうがいは、

基本的且つ非常に重要な感染予防対策です。

・人混みに入ったあと
・感染が疑われる人と濃厚接触したあと
・家に帰ったらすぐ

などには必ずするようにしましょう。



肝の2つ目は

2.マスクは防ぐものではなく、
人にうつさない


ことが目的なんです。

※確かに、一部の細菌や、花粉などは、
外から入ってくるのを防ぐ効果が期待できる
かもしれませんが。


「ウイルスはだだ漏れ」

と書きましたが、

これはウイルスが単体でやってきたときの話です。



自分が感染し、

喉でウイルスが大増殖している場合、

マスクをしなければなりません。



いくら小さいとはいえ、

それが大量に排出しようとしている場合、

マスクはいくらかはそれを防いでくれます。


まとめると、

1.マスクをしてもいいが、ウイルスはいつでも
簡単に入ってこれると思った方がよい。

2.自分が感染、もしくはそのリスクがあると
思った場合は、マスクをしなければならない


ということです。

この結論には、まだ色々議論の余地があるようです。

あくまで参考程度にしていただければと思います汗



次回は何故ここまで関係者を驚かせた??
それは科学者が全く予想していないところから、
火の手があがった、今回の「新型」騒動。


5.では新型はどう違うの?

について、書けるところまで、

書きたいと思います汗


目指せ!10位圏内めらめら
↓現在はどうか?? 読んだら是非クリックを☆
 
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へにほんブログ村 病気ブログ 医学へ
※一日一回まで有効みたいです。
☆「医大生」「医学」はどちらか一つでOKです♪
※FC2ブログはクッキーが有効でないと加算されない事があります!
説明



↑近未来型ブックマーク!?PC説明PC


↓読んだら拍手ばいばいくれると嬉しいです♪
スポンサーサイト
コメント

こんにちは。
以前、気になっていた事が詳しく解ってすっきりしました。v-291
マスク正しく使わないとっ。(汗)
すばらしいサイト様に出会えて嬉しく思います。
[2010/03/27 16:32] URL | 村長 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます♪
ありがたきお言葉ありがとうございますf^_^;
かなり自己満足的に書いてみましたが、
見ていただいている人が、
そしてお役に立てる人が一人でもいらっしゃれば、
それだけで、報われた気がします。
今後ともよろしくお願いいたします。
[2010/03/28 00:29] URL | k1sh #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/53-297f42c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。