☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンホー3 (小説)マルクからの脱出

次期皇帝候補とされていたベンホーは、
無実の罪で奴隷の町「マルク」に追放されてしまう。
そんな中でも諦めなかったベンホーは、奴隷のリーダーであるドグマから信頼を得るようになった。
そんなある日、マルクに事件が起きる。

この説明はコチラをクリック

マルクで大規模な火災が起きた。
これ見よがしにと多くの奴隷達が、マルクを逃げ出そうとした。
しかしある物はその瞬間斬り殺され、ある者は逃げ出していた。

「おい、ベンホー、行くぞ」
ドグマとともにベンホーは番人の目を盗み、
マルクからの逃走を図るが、あと一歩のところで番人に見つかってしまう。

「ここまでか」

諦めかけたその時、ドグマが囁く。

「おめえみたいなやつはここに留まっているのは性にあわねえんだよ、
ここに留まるのは俺みたいなやつだけで十分だ」

そいう言って、単身番人に飛びかかった。
多くの番人がドグマに襲いかかる中、
ベンホーはその場を後にし、無事にマルクを抜け出したのだった。

その後しばらくは小さな村で名前を伏せ、
ベンホーは過ごしていた。
オーム帝国の重臣でもなく、奴隷でもなく、平民として平和な日々を過ごしていた。
しかし、時折聞くオーム帝国の事情に胸を痛めていた。

ベンホーがいなくなったオーム帝国では、
徐々にガスタが権力を強め、政治においても力を持っていた。
富あるものを優遇し、平民から税金を搾り取り、そして賄賂で懐を肥やしていたのだった。
力を着け始めたガスタに楯突ける者は少なくなっていた。

また、ベンホーに近かった人物は次々に冷遇され、あるものは追放されていた。
ベンホーの側近であったストラテラも帝国宮殿内にはいるものの、
ガスタからの冷遇に苦しめられていたのだった。

そんなある時、ベンホーに一つの情報が届いたのだった。


続く
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/395-af500e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。