☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりこういうこともある

「あぁ、もう一回だったか」

そうその子のお父さんが言っていたのを今でも思い出します。

やっぱり人はシビアのイベントの方が印象に残るので、
こういう記事に書くのはシビアなことばかりになってしまいます。

以前自分が外来で点滴や採血の係をしていたとき、
以前入院し、退院した、白血病の子がやってきました。

k1sh「……」

頑張って点滴入れようとしましたが、失敗…。

その子のお父さんはひょっとこのようなひょうきんな感じで明るいお父さんでした。
お父さん「あぁ、もう一回だったか…」

もう一回点滴を入れるために針を刺す事を残念そうに言っていました。
とても我が子を可愛がる優しいお父さんでした。

まず点滴ですが、
本来なら採血だけでいい子でした。

その結果をみて、ひょっとしたら入院かもしれない、
そういうことで点滴をすることになったのです。

案の定数日後でしたが、その子は入院。
その後もお父さんがその子をつれてよく病棟をつれ歩く姿を見かけました。

先輩ドクター達「…これはなかなか厳しいですね……」

全体カンファレンスで厳しい評価をされていることを知りました。

いわゆる「再発」です。

以前治療後の再発なので、初発に比べて遥かに予後は落ちます。
そして、ある日の朝、その子が亡くなったということを知りました。

お父さんがその子を抱っこしたその姿をお見送りした光景を今でも覚えています。

ただその抱っこしているその子は今はもうあの頃の元気な姿はありませんでしたが。


大学病院は重篤な子が来るので、こういう事も多いです。

ただ昔白血病(急性リンパ性白血病)などは20〜30%の生存率だったのが、
今は治る病気(70〜80%)となったと聞きます。
昔に比べ今あるこの一日一日の積み重ねが、きっといつか未来の同じような子を救える治療法へと
つながるはずです。

そう思いながら、毎日積み重ねていくのですね。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/383-7c7bbf58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。