☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣立期67:問題はこれだ!
真夜中の戦い……

生まれたばかりの33週と4日の赤ちゃんは

なかなか呼吸状態が落ち着かない……いったい問題はどこに?



人工呼吸器につないで、
サーファクタントも投与して、
それでも上がらないSpO2(酸素)。

ただ、先ほどのサーファクタント投与の時に
少し気になる事があったのです。

……ひょっとしてあれかな?……


サーファクタントを投与して、
聴診をすると、
どうやら、右の音はよく聞こえても、
左だけ聞こえにくいのです。

k1sh1「レントゲンまだですか?」

夜中の待機のレントゲン技師さんに来てもらい、
レントゲンを撮ります。

そしてその出来上がったレントゲン写真をみてみると……



……やっぱり……

挿管チューブが入りすぎていました。



これを気管支(空気の通り道)とすると、



本来ならこうあるべき(赤が挿管チューブです)なのですが、
入りすぎると、



となって、右側にしか空気が行かないのです。


ということで、チューブを少し引き抜くと……

看護師「先生! 呼吸が安定してきました!」

……ふう、これで一息。

時計をみると5時をすぎていて、もう朝を迎えようとしていました。

これらのことは、NICUに慣れている同期にとっては日常茶飯事なのかもしれませんが、
小児科メインでやっていて、慣れていない自分にとっては、
精一杯のことで、何とか乗り越えた、という感じでした。

その後……

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
クリックして次へ!

次回「その後その子は……

1:今この子の運命は自分に託された!
2:夜通しの長い戦いが始まった。
3:開けてみてどっちだったのか?
4:リベンジの訳は?
5:次のステップへ!
6:さらに次のステップへ!
7:問題はどこに?
8:その後その赤ちゃんは……
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/369-29747df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。