☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣立期57:Case8 あいつが英語で!?
ウッド「なんか、同期のミドル君が…」

k1sh「えっ? 本当に?」



研修医が終わり、この職場へ来て、一年半がすぎました。
最初はおどおど、びくびくしながら、
不安に囲まれて一日を過ごしたのを思い出します。

※この時の気持ちは「移行期」に記事としてあります

もちろん、今でもですが。
今日もオンコール(何かあれば自分に電話がまず最初に来る)
の日なので、深く眠れない夜となりそうです…

ところで、ある日、こんな事を聞きました。

ウッド「ねえ、知ってる君の同期のミドル君。
論文を二つ出すらしい。」

k1sh「え? 本当?」

専門外の方へもわかりやすく言うと、
論文とは自分の様々な研究結果を雑誌に投稿するということです。

とある薬、とある治療方法を、それ以前のものと比べたりして、

「この方法の方が良いらしい」

という一つの結論を出すものなどがあります。

実際、こういった論文の積み重ねが、
いずれ教科書となるため、この一つ一つの「結果」は絶大な
威力を持ちます。

もちろん、雑誌社の方も適当な実験を載せて、

「後で間違っていました」

ではすまされないので、相当しっかりとしたものでなくては
採用されません。

その前にまず、自分たち若手はその「論文」を読むだけで
精一杯なのに、その論文に自分の結果を投稿する、
これだけですごいことなのです。

ウッド「しかもね、」

それだけではありません。

k1sh「なに?」

ウッド「その一つが…」


次回「それだけではなかった、若手医師同士の負けられない戦い!



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/358-c789174f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。