☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人の医師、その大きな違いとは? 4
人の命を救う決断より、
諦めるという決断の重み。



1「まずA医師にある意味驚く」
2「少しは変わったB医師。実は…」
3「B医師の驚くべき行動とは?」
4「命を救うよりもっと大切なこと」
5「二人の医師から大切な事を学んだ」



B医師の心肺停止のお婆ちゃんに対する、

「あんま無理すんな! (人の命は)順番やで!」

という名台詞も、
最初は

「蘇生が面倒臭いのかな」

位に思っていました。

しかし実際によくよく聞いたり一緒に仕事をしていると、
そうでないことに気づいたのです。

私たちは学校で
「人の命を救うこと」
を学びます。

しかし、一方で
「人の命を諦める」
ことを学ぶ場面はほとんどありません。

おじいちゃん、お婆ちゃんが心肺停止で運ばれてきて、
むりやり肋骨を折って心臓に鞭うって、
人工呼吸器に繋がれて、
そのまま生きているの死んでいるのか分からないまま
数ヶ月を過ごし、亡くなっていく人もいます。

そんな時に思うのは
「この人はこんな最期を本当に望んでいただろうか」
ということです。

B医師はおそらくたくさんそのような場面を見てきたのでしょう。
だから、
「人の命を救う」
よりはるかに難しい
「人の命を諦める」
選択をしていたのです。

もちろん比較的若いかた、
まだ可能性がある患者さんの急変時には、
B医師の目の色が変わります。

「ほら! これしっかりとやらんか!」

今まで何度もどやされたこともあります。

B医師が「順番やで」と言っていたのは、
その人の「人生」を見抜いて、
最善と思われる選択をしていたに過ぎないのです。

しかもこの「諦める」という選択肢は
一歩間違えれば、大きな責任を問われかねない、
重大な決断です。

「順番やで」

という言葉にはそれだけの重みがあったのです。

ここから学んだことは…

次回「5 大切なことを教えてくれた」
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/337-fa8fb410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。