☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣立期34:Case6-2 その過酷な運命とは?
NICUに入院していたセイヤ君。

8000人に一人より少ないその病気を持った彼を待つ、

過酷な運命とは?


※プライバシーなどを考慮し、一部編集しています。


ヒヨ医師「まずね…」

セイヤ君の病状説明を一緒に聞いていたヒヨ医師は語り始めました。

まずこの病気は一昔前まで、
治らない病気だった。
そのため、数年の命をどれだけ苦しまずに送らせてあげるかが、
医師としての役割だった。

最近、医療機器の進歩に伴い、徐々に生存率を上げることに
成功してきている。

作戦としてはこうだ。

基本は移植が必要となる。
しかし、生まれたての子の移植などほぼ出来ない。
よって、しばらく大きくなるまで待つ。

もちろん大きくなるまで臓器は持たないので、
あるところ(機能しなくなったところ)で、臓器は摘出する。

その間はその臓器の代わりを医療機器でサポートする。
※この技術こそがこの病気の生存年数をアップさせる秘訣だった

そして、その医療機器で数年サポートし、
その子が大きくなったのを見計らって、
臓器移植を行う。

これにより、今は高校生くらいになった人もいるとのこと。





この話は軽々しく聞き捨てなら無い沢山のポイントがあるのです。

というのも……。

続く

この話は面白かったですか?
面白ければ「拍手」をクリック!
にクリックを!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ人気ブログランキングへ

次回「過酷な運命と戦うには?
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/308-5b9701b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。