☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣立期31:Case6 えっ!そんなことになってたの?
入院中治療に難渋し、
薬を飲むのも大変だったキラちゃん。

数ヶ月して自分の外来のときに、

予想だにしないことを告げられたのでした。


Case6「キラちゃんの先生になりました♪」



退院後数ヶ月して、キラちゃんの薬を出すときの事です。


k1sh「元気ですか?」

母「はい、お陰さまでぜいぜいもなく。」

そうですか


母「あとですね、キラは誰よりも先生を見つけるのが早いんですよ、
キラの先生だ!って」


本当ですか!?

何とも嬉しいことです。


自分を自分の先生だ、と認識してくれるなんて。
しかも、退院してしばらくしてもそう思ってくれるのは
嬉しいことです。




しかし、やはり薬を飲むのが大変だったことを思い出します。

k1sh「もう薬を飲み始めてから長いですよね…」

なんとか止められないか考えてみましたが、
丁度今は季節の変わり目。

同じような小児が何人も「ぜいぜい」が出現し、
気管支喘息発作で入院をしています。

この時期に薬を止めるのは少し危険です。

そこで、そのことをお母さんに話しました。

k1sh「お母さん、薬をやめられないか考えてみましたが、
今の時期はぜいぜいが出やすい時期です。
もう少し薬頑張りましょうか。」


その前に聞いてみました。

k1sh「キラちゃんお薬は飲めていますか?」




お母さんからは意外な言葉が聞かれました。



母「はい、今は問題なく飲んでいます。
『これはキラの先生が出したお薬だから頑張って飲む』って」





えーーーっ!?




とても驚きと共に、とても嬉しい言葉でした。

あれだけ飲むのに苦労してた薬を毎日毎日、朝晩、
難無く飲めるようになっていて、
しかも、「キラの先生が出したお薬だから」なんて、
可愛すぎますよね


母「だから、薬を飲むのは問題ないですよ」




色々大変なことや、辛いこともありますが、
こういう場面に会えると、
医療の現場は楽しいなと、
小児科は楽しいなと再認識させられます。

明日からもたくさんの笑顔に会えるよう、
頑張ることとします。

(了)Case6「キラちゃんの先生になりました♪」


この話は面白かったですか?
面白ければ「拍手」をクリック!
にクリックを!
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ人気ブログランキングへ


ここで話は終わるはずだったのですが、
悩んだ末、続きを書くことにします。

Case6-2「物語は続いていく…」
スポンサーサイト
コメント

うれしいお話しですよね。

治療して元気に退院してくれるのがお医者さんに
とっては1番うれしいことなんだろうなぁ。

これからもこういう小さな命も大事にお仕事
がんばって下さい。
[2012/12/09 11:35] URL | まき #L1x6umnE [ 編集 ]


コメントありがとうございます。
小児科は特に元気になっていく姿を沢山見られます。
最初は目もあわせてくれなかったのが、最後はにこにこばいばいをしてくれるようになるのは
とても嬉しいことです。
[2012/12/13 22:57] URL | k1sh #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/304-add18342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。