☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣立期6「ボタンの正体は?」
突然なったトイレの前での警報!

急いで駆けつけてみると?



前回

k1sh「おじちゃん、何かボタン押しましたか?」
おじちゃん①「いーんや、まだ流しとらんよ」

おじちゃんははっとして、

おじちゃん①「あぁ、これね、さっき押したやつね」


そこにはこんなボタンがありました。



「気持ちが悪くなったらこのボタンを押してください」


あぁ、どうりで警報がなるわけだ。

このボタンは、トイレなどで調子が悪くなった場合、
緊急的に誰かを呼ぶボタン。

おじちゃんは、トイレが終わり、
看護師さんにそのことを伝えようとして、
目の前のボタンを押してしまったのです。


……そういうことか……


k1sh「わかりました、じゃあこのボタンを押したんですね」

そんな話をしていると、隣にいたおじちゃん②も同じ状況だったらしく、

おじちゃん②「ほんなら、こっちも押したほうがええか?
ここを押すんか!」

そういってそのボタンを押そうとし、指をそーっと……

k1sh「いやいや、待ってください、これはそのボタンではありません、
押してはいけません。
今看護師さん呼んできますから、ちょっと待っててくださいね」


その後看護師さんがすぐ来てくれて、事態は収束しました。

今までこの

「気分が悪くなったら押してください」ボタン

はどこの病院行っても何度も見たことはあるのですが、
押したらどうなるのかは初めてしりました。

おそらく一生で一度の経験かもしれませんね(笑)


ちょっとした、プチ緊急事態でした♪

(了)

……えっ!?これ、まずいんじゃないの?……
目の前で横たわる、意識不明の女の子!
小児科医は自分しかいない!?
さてどうする?


次回:巣立期7「痙攣後の意識障害!?小児科医は時々宝物をもらえる?」

スポンサーサイト
コメント

ちょっと前にケガをしてしばらく病院通いを
していたんですが確かにトイレにこのボタン
ありましたね(^^;)

間違えるのは仕方ないとしても・・・(笑)
病院の方も大変ですね。
[2012/07/15 09:03] URL | まき #L1x6umnE [ 編集 ]


コメントありがとうございます!

やっぱりどこにでもあるんですね♪
押してみたい衝動にいつもかられるんですが、
おじさまが代わりにやってくれました(笑)
[2012/07/18 02:24] URL | k1sh #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/275-488309a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。