☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移行期☆「研修医が終わるとき…」
いよいよ二年間の研修医生活も終わり、

巣立ちの時が来ようとしています。

そんな頃(3月終わり)を思い出してみます。

想像することのなかったその
とてつもない大きな重圧とは?


現行の決まりでは、
医師免許を取得してから、
二年間は研修医という身分になります。

この間は基本的に医師免許を持っているので、
ほとんどの医師が出来る事は
出来るようになり、
つまり
「医師として稼ぐ」
ことができます。
※難しいもの、命に関わるものは、
一人でやるべきではないと指定されているものも
あります。


「医学生」
から
「医師」
になるとき。

これは医師のライフステージにおける
一大イベントです。

かねてからの夢が実現し、
卵から雛が生まれる瞬間……
不安と期待が入り混じった思いだったことを
今でも鮮明に思い出せます。


そして二年後、
研修医はその身分を追え、
通常の
「医師」
の身分となります。

研修医は医師とはいえ、
薬一つ、指示一つだすのにも
先輩医師のサインが必要になります。

時には
「自分で治療している気がしない」
※つまり上の先生の指示通りにやっているだけで
つまらない


と思うときも有りました。

名札にもちゃんと
「研修医」
とかかれるし、

看護師さんや
患者さんからは

「ひょっとしたら研修医だから、
信用してもらえないのかもな」


なんて不安が過ることもたまにあります。


しかしついにその「研修医」の肩書きが外れるとき、
その心境はいかなるものでしょうか?


実は、自分は
「医学生」

「医師」
になるときよりも、
とてつもなく大きな不安とストレスを抱えていました。


なぜなら、今までは面倒だった上級医のサインも
言い換えればもし間違ってしまったとき
見つけてもらえるかもしれないということです。

分からない、失敗したときに
「研修医なんですみません、教えてください
が通用することもあったということです。

それらが一気になくなり、
自分の判断が全て患者さんに伝わってしまうこと、
そして、新しい赴任先は

恐怖の全館当直

というのがあり、
今までは上級医と一緒に入っていた当直も、
研修医を引き連れて、
自分が最終責任を取らなければならないのです。

心肺停止で来た患者さんの
看取りも、最終判断も、
自分
がしなければならないということです。

こんな恐ろしい事はないですよね…

不安で眠れぬ夜を過ごしていました。



しかし、これは避けては通れぬ道、
筆者はまた一つ大きなステップを踏み出すことに
なったのです。

研修医2年間を綴った

奮闘期

はこれで終わりにしようと思います。

次回からは、

島への赴任、一人での当直、
小児科医としての大きな大一歩

をテーマとした、

巣立期(すだちき)

とでもしましょうか

すでの強烈な症例はなんどもありました。

生卵を食べて(おそらくサルモネラで)意識障害を起こし、
2日間夢の中をさまよった5歳の女の子や、
あと一歩で、脱水の徴候を見逃すところだった危ない症例など……

余裕を見つけて書いて行きます。

特別編☆ 「医師となったあなたへ1/2」医学生から医師となるあなたへのメッセージ。
医師となったあなたへ2/2

巣立期1 Case1「さっきまで元気だったのに……!?


スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/06/05 12:12] | # [ 編集 ]


コメントありがとうございます。
だいぶ受験から時間が経ってしまいましたが、
お役に立てるか分かりませんが、何か質問などありましたら
お答えしたいと思います。

また、学士編入の体験談は
「回想記」
にありますので、もしよろしければご覧ください。
[2012/06/05 23:37] URL | k1sh #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/267-6b959efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【移行期☆「研修医が終わるとき…」】

いよいよ二年間の研修医生活も終わり、巣立ちの時が来ようとしています。そんな頃(3月終わり)を思い出してみます。想像することのなかったそのとてつもない大きな重圧と
[2012/05/21 01:17] まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。