☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奮闘記69「お母さん、どうしたの?①」
いつのまにか研修医が終わっていた!!?

思い出して書きます(汗)

小児医療の面白話、



「あれ? お母さんどうしたの?」

振り返るとそこには……??


1.スターちゃんが入院してきた!
2.その母は…
3.採血は無事出来たのか??
4.点滴もしなくちゃいけないんだよ!?
5.「お母さんどうしたの?」
振り返るとそこは…!?忘れられない一場面が


小児医療と言えば何を思い出しますか?

とある医療メーカーあの宣伝では

にっこり笑う子ども

などがありますよね。

ただ、筆者に言わせれば、小児医療は……


まさに地獄絵図!

吸引では、子どもの鼻にチューブを押し込み、
泣き叫ぶ子どもを押さえつけ、
そして、採血では嫌がる子どもに
針を刺し、

時には点滴の針を刺し、
腕をしばりつける!!

処置室はまさに子どもの泣き叫ぶ声、
逃げ惑う姿!

知らない人が突然訪れたら、
驚くことでしょう(笑)


とまあ、これは半分冗談ですが。

小児を診るのがいやだな、
と思う人の気持ちは少し分かります。


上に書いたことだけ聞いたら、
そりゃ嫌に決まってます。

こどもは

「ここが痛いです」

って言えないので、
どうしていいのかも分かりませんしね。

でも、採血などが終わって、
それまで

ギャーギャー、
死ぬ、死ぬ、タズゲデ~

などと泣き叫んでいた子が、

「よく頑張ったね!
シール何にする?」

と聞くと


「うん、アンパンマン」


とケロッと答えたりします。

おいおい、今まで泣き叫びは
なんだったんだよ…

と思う事はしばしばです。


来るときは辛いのか、
よく泣いたり苦しそうにしていたのが、
どんどん良くなって、
最後はとても良い笑顔になってくれるのを
みていると、
とても嬉しくなり、

「子どもって本当に可愛いな~」

って思います。



そんな中、
子どもの成長を垣間見ることも
あります。


小学校に入る前のとある女の子。
スターちゃんとします。

その子はとても元気で、
人見知りもせず、
明るい笑顔を見せていました。


しかし、そのお母さんの態度に、
びっくり!
それは…

2.その母は…
へつづく

↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ人気ブログランキングへ
上1-GLいつもありがとうございます♪fight

↓そうなんだ~と思ったら拍手を!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/261-7014812f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。