☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奮闘記68「あの夏の苦い思い出が蘇る…」
ブログ更新する時間は果たしてあるだろうか……

今小児科を研修していますが、
小児科ならではの珍しいエピソードが沢山あります。

今時のこどもは診察していても
●●をやり続ける???



今どきの子どもとの奮闘記↓↓↓
気づけば小児科での研修が始まり、
二か月半が経ちました。

忙しい毎日です。

知らないこともたくさんあり、
その勉強をするだけで、家の時間はほとんどなくなってしまいます。

それでも追い付けない毎日……

でもやっぱり子どもは元気ですね~
その元気をもらってなんとか毎日をしのいでしますf^_^;

面白いエピソードもいくつかあったのですが、
日々に忙殺されるうちに忘れてしまいました(笑)

ただ一つ挙げるとすれば、
今時の子どもは診察するときに、
どんな対応をすると思いますか?


大人の人は、

「はい、よろしくおねがいします」

といった風だと思います。

※一昔の人だと、急いで起き上がって、
しゃきーんと背筋を伸ばして
「センセイ! お願いします!」
と言ってくださる方もいました(笑)



最近の子どもはこうです。

「○○君、もしもし(聴診)しようか~」

……横になってDSをやり続けている……

お母さん「ほら、○○! 起きなさいって、ねえほんとうに
すみませんね~」

筆者「いいですよ、じゃあそのままでやろうか?」

……DSに夢中……

筆者は彼の服をまくりあげ、聴診をする。
その間もひたすらDSに夢中。

筆者「よし、終わったよ~喉はいたくない?」

○○「…(DSやりながら)うん、」

筆者「お腹はいたくない?」

○○「…(DSやりながら)うん」

筆者「では失礼します」

お母さんは少し申し訳なさそうに「ありがとうございます」と言ってくださる。



こんな感じです。

中にはこんなこもいます。

看護師さんから報告を受け、
看護師「R君の血圧がすこし高いみたいです。症状はなさそうですが…」
筆者「わかりました、すぐ行ってみます」

看護師さんからの報告には、とりあえずすぐ行くことが鉄則。
特に経験のない下っ端のうちは、勉強にもなるし、
信頼関係の構築にもつながります。

筆者「R君、大丈夫?」

R君はご飯を食べていた。

R「な~に? 今ぼくご飯たべてるんだけどぉ~?
何でこんな時に来るわけぇ~? もうしょうがないな~」


確かにその通りだ、子どもは素直だな~って思いました。
大人になると、ふつうはこんなこと言いませんよね、
だからむしろ素直な気持ちを聞けて少し新鮮でした。


だけど、数時間して、だんだんなぜかムカムカしてきて、

筆者(でもそんなこというんだったら、こっちが診察しに来たときは
DSやめろよな~?)

なんて思ってしまったのは大人げないでしょうか?(笑)



自分が小さかった頃は兄が入院した時は
「ゲームボーイ」
が調度出たころで、
隣のベッドの友人と一緒にソフトを交換したりして
やってた気がします。

今もそれは同じで、
通信対戦をやったり、
ソフトを交換しあったりしていました。


こんなつわものもいます。

その子は心臓のカテーテルの検査で
(今ニュースで話題ですが…)
入院していました。

右利きということで、左での手で点滴をトライしたのですが、
(右の手に点滴を入れてしまうと、手が固定されて、
使えなくなるため)
うまく入らず、仕方なく右手に点滴を入れました。

筆者「明日一日は遊べなくなるな…悪いことしたな」

そう思っていたのですが、
翌日うかがってみると、目を疑いました。

筆者「(あれ? DSやってる…?)」

右手は固定しているのですが、
その固定したままの手でやれるソフトを、
うまい具合に固定した手を使って遊んでいるのです。

お母さんによると、

お母さん「もう入院や点滴は慣れっこだもんね~」

入院が多いと、点滴をしながらゲームをやるレベルも
段々と上がっていくようです

つづく

↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ人気ブログランキングへ
上1-GLいつもありがとうございます♪fight

↓そうなんだ~と思ったら拍手を!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/259-13775ea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。