☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奮闘期65:Case14「麻酔なんてただ寝てるだけじゃねぇか!」
今回のCaseは麻酔科研修の思い出を代表して、
ふと思ったこと。

「いつもここから」の昔のギャグ

「てやんでばろーちきしょーめ
手術なんてただねてるだけじゃねーか!」


について真面目に思ったことをコメントします(笑)


寝てるだけなんて……とんでもない!!


↓↓↓


全身麻酔の状態は

体の機能を停止に近い状態に持っていく

死の淵を、沢山の命綱をつけながら歩く

一体これはどういうことなのでしょうか?

1.放っておくと死んでしまう。
まず寝てる状態と大きく違うのは、
寝てる人は放っておいても、死にません。

「何を当たり前な!」

と思うかもしれませんが、
全身麻酔を施されているかたは、
何もしなければ、そのまま死んでしまいます。

というのも、体の機能を落としていくので、
呼吸の機能も停止してしまいます。

すると自分で呼吸できなくなりますので、
呼吸をしなければそのまま人は死んでしまいます。

ですから、口の中から肺の近くまで管を入れ、
機械で外から空気を送り込み、
呼吸をさせてあげなければ
死んでしまうのです。

・もしその機械に不具合があったら、
・もし電気が完全に停止してしまったら、
・もし管が途中で抜けてしまっているのに誰も気付かなかったら


これらどれかひとつでもあったら、
その人は呼吸をできなくなり死んでしまうのです。

もちろん、そうならないようにいくつもの
セーフティネットを用意していますし、
プロフェッショナルである麻酔科医が
手術中ずっと目を光らせることになります。

しかしここからも、麻酔中、患者さんは
死の淵を歩くことになることがお分かりになると思います。


2.力が全く入らない(筋弛緩)
もし普通に歩いている人の
お腹をばっさり切ったとしたらどうなるでしょう?
不謹慎なことであり、決して現実に起きて欲しくないことですが、
お腹の中の腸が、
外に飛び出してしまいます。

それはお腹の筋肉が無意識にぴん、と張っているため、
水風船のなかにゼリーがぎっしり詰まっていると、
もし切れ目をいれたらゼリーが元気よく飛び出してしまうような
状況に陥ります。

そうならないように、全身の筋肉を緩めてあげる必要があります。


また、細かい部分の手術をしているときに、
もし患者さんが寝返り(?)のようにちょっとでも動いでしまったら
どうでしょう?

床屋さんで

「すんません、ちょっと眉毛までそっちゃいました」

といった訳にはいきません。

大事な神経、血管を間違えて切ってしまう危険性もあります。

このような事態をさけるためにも、筋弛緩と呼ばれる、
筋肉の緊張を緩めてあげる必要があります。

これによって、より安全な手術が可能となりますが、
本人は一層自分で呼吸ができなくなり、
動けなくなります。

もちろん眠っているときのように、
寝返りを打つことはまずありません。

3.その他、血圧が下がる、何かあっても起きられない!
麻酔は体の機能を停止に近い状態の持っていきますから、
血圧が下がります。
これに対しては、点滴から薬をいれ、血圧を保ちます。

様々な危険な状態から救ってくれる「薬」は
眠っている間患者さんはもちろん飲めませんから、
点滴から投与されることになります。

つまりこの点滴はまさに患者さんの命綱となります。

また、寝ている間は何か苦しい、痛い、ことがあったら、
飛び起きますが、
麻酔中はもちろん起きません。

苦しい、痛い、そういったものを感じる機能ごと
停止させているからです。

逆にそうでないとお腹を切る手術なんて
痛みでとても耐えられません。

だからこそ患者さんの口のかわりに
麻酔中はたくさんのモニターをつけます。

体の中の酸素は足りているか?
心臓は変な動きはしていないか?
脳波は正常か?
血圧は狂っていないか?

その他たくさんのモニターで患者さんに
もし異変があったらすぐわかるように
しています。



手術が終わって無事麻酔から覚めても、
患者さんの戦いは続きます。

>次回「手術が終わったあともまだあるの?」

↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ人気ブログランキングへ
上1-GLいつもありがとうございます♪fight

↓手術後も何かあるの?…と思ったら拍手を!
スポンサーサイト
コメント
ホントですね…(;´Д`)
今回ブログにお邪魔して、初めてコメントさせていただきました、さくりっち☆です。
本当に寝てるだけ、じゃないですね(-_-;)
でも、彼らはネタで言っているだけで、本気でそうは思ってないですよね^^
これ、本気で思ってたら「ちょっと待ったwww!!」ですね(笑)
[2011/12/26 22:05] URL | さくりっち☆ #grbOOJYk [ 編集 ]

ホントですね…(;´Д`)
今回ブログにお邪魔して、初めてコメントをさせていただきます、さくりっち☆です。
本当に寝てるだけ、じゃないですね(-_-;)
でも、彼らはネタでそう言っているだけであって、本気でそうは思ってないですよね^^
もし本気で思ってたら、「ちょっと待ったぁwww!!」ですね(笑)
彼らが本気で思っていないことを願っています(*´∀`*)
[2011/12/26 22:15] URL | さくりっち☆ #grbOOJYk [ 編集 ]


>さくりっち☆さん
コメントありがとうございます♫
そうですよね、本気でそう言ってても、面白いからいいんですけどねf^_^;
最近はめっきりみなくなりましたね、アルゴリズム体操くらいでしょうか(笑)
[2011/12/28 13:50] URL | k1sh #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/256-19fba744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。