☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うさぎとかめ」の大きな間違いとは?後半
後半です。

うさぎとかめ

前回の「リトル・チャロ2」の一つの話から見える、
「うさぎとかめ」
のその大きな間違いとは?




前回はリトルチャロ2の
しびれる1話を紹介しました。


「うさぎとかめ」
誰もが知ってるこのお話はどのようなものだったでしょうか。

うさぎとかめが競争する。
うさぎは圧倒的な速さで亀を突き放す。
しかしうさぎは居眠りをしている間に、
こつこつと亀は進み、
気づいたら亀が先にゴールをしていた。

こつこつやり続けることの大切さ
油断大敵


を伝えてくれます。



しかし、自分が以前読んだ本によると、
明らかにこの話には矛盾があるというのです。

その矛盾とは何でしょうか?

まず一つ、仮にこの回で亀が勝ったとしても、
次はうさぎはまず居眠りをしないだろう、
つまりやっぱり亀はうさぎには勝てないのだ、
という点。


もう一つは、何故「陸地での競争」をするべきなのか。
海に潜れば、ウサギは手も足もでない、
海での戦いだったら、競争にすらならなく、
亀の圧勝であるのだ。
と言う点。


付け加えて、この話は明治時代、弱小国でありながら、
他の国に勝つために、国民を鼓舞するために用いられた話だといいます。


資源も豊富でない弱小国の日本が、
列強の国のまねをして、自分達の文化を否定して、
必死に亀は発展し、その謙虚で真面目な姿勢で、世界でも有数の大国に
なったでしょう。


しかし、本当に亀は陸地での競争に固辞するべきだったのでしょうか。
自分にしか出来ない、自分達にだからこそ出来る何か他の道はなかったのでしょうか。

戦後50年以上経った今、その道を改めて見直す時がきています。

偶然にもちょうど一年ほどまえ、
筆者は次のような記事を書いていました。
この時まだ東日本大震災の津波はまだきていません。

ブログ化学反応! そのエネルギーは世界を巡る!
「本当に大切なものはいつだって変わらない」
「じゃあ、大切なものって一体?」
前半後半


ここ数十年の間に、
世界は大きな「津波」に巻き込まれることでしょう。
※もちろん比喩です

その中で大きく価値観は捻じ曲がり、
時には苦渋の選択をしなければならない時もあるかもしれません。

しかし、その波が全てを押し流し、
その波が引いたあと、残るものは何でしょうか。

それはその国しかもてない、独自の輝き、
他の誰も真似出来ない、絶えず輝き続けるその
「大切なもの」
だと思うのです。

そろそろ、私達は何を大事にすべきで、
何を大事にすべきでないかを考える時期に来ています。

でないと、来るべきそのXdayを乗り越えられない気がするのです。

そしてそれを成すのは政治家でもマスコミでもなく、
私達一人ひとりだということもそろそろ気づかねばなりません。

平和ボケの時代は終わりました。
みんなで一緒に手をつないでゴールばかりしているような
夢はいよいよ覚めたようです。

さあ、今こそ明日に向かって一歩前進、
目覚めよ! にっぽん!



……だいぶリトルチャロから外れた気がしますが、
これもブログの醍醐味ということでお許しを……

今後のリトルチャロ2の見所は、
ルビーがmiddle worldで、出会うのは
シャイニーか、クラウディか?

ぶっちゃけ主人公の
チャロとショータの絡みより、
こっちの方が興味あります……


スポンサーサイト
コメント

こんにちは

よく知られている物語も、別の面から見るとまた違った一面が
見えてくるんですね…!
記事を拝見して、物事の多面性を認識して理解することの
大事さを改めて学びました^^
ありがとうございます^^

NHK教育、私も好きです
チャロ、可愛いですよね
あと「美の壺」っていう番組が好きです^^

ではでは
[2011/10/20 15:54] URL | やまねこ #nMYPI6HY [ 編集 ]

やまねこさんいらっしゃい!
やまねこさん、ブログ再開おめでとうございます!
待ちに待っていました♪
今色々と大変な時期でしょうが、
とても楽しみにしています。

NHKは確かやまねこさんの得意分野でしたね。
美の壷、チェックしてみます。

今後ともよろしくお願いいたします!
[2011/10/26 23:30] URL | k1sh #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/252-da6beca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。