☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奮闘記53:Case11「最終回・前半:留守電に気づいたのは日曜の朝だった」
Case11:最終回・前半
「こうして春はやってきた…1年目最後の看取り」


1.KYさんの一番の悩みは「ひもじさ」だった?
2.ご飯食べられないか聞いてみたら?
3.食事再開への戦略
4.食事再開にはまだまだ難題が!?
5.「この方の太鼓判をいただくのが先決問題」
6.「KYさんは素直にこう言いました」
7.「最終回・前半:留守電に気づいたのは日曜の朝だった」
8.「こうして春はやってきた…1年目最後の看取り」


7.最終回前半
「その留守電に気づいたのは、
日曜の朝でした。」





前回までで、MDS(骨髄異形成症候群)のKYさんと、
二人三脚の日々が続きました。
親戚の用事で、少しだけ遠くに行くこととなった筆者は、
KYさんにその旨を告げました。

しかし次の日の朝、筆者は留守電に気づきました。

----------------------------------------------

土曜から日曜の泊りがけの用事のため、
筆者は少し遠くに来ていました。

明けた日曜の朝、
ふと携帯電話が光っているのに気づきました。

空けて見ると、留守電が入っていました。

おもむろに聞いてみます。

留守電「k1sh先生ですか? あの、KYさんが
朝から40度の発熱をしています。気づいたら連絡ください」




………えっ………!?


筆者は凍りつきました。


KYさんはMDS(骨髄異形成症候群)。
この病態についてはとあることを
色々な場面で耳が痛くなるほど聞いていたからです。


発熱性好中球減少症
早く手を打たないと、
「分」単位で状態が悪くなり、
簡単に死んでしまう。



今、KYさんはこの状態にあることが
間違いありません。
今まで一番恐れていた
感染
がついに起きてしまったのです。

急いで、病院に電話し、
当直で診ていてくださった先生に状態を聞きました。

そして、すぐ上級医に相談の電話を入れました。


筆者「これこれで……これが必要だと思うのですが
どうでしょうか?」

上級医「まえに使って効いていたのがチエナム(IPM/CS)だったな?
まずはそれから行こう」

筆者「はい、分かりました」

とりあえず電話で担当していた看護師に
指示を告げ、
急いで病院へ向かいました。

ここから病院へはどんなに急いでも2時間以上かかります。



不安を抱えながら、ひたすら車を走らせました。

………進行が早いとは聞いていたけれど、
KYさんは大丈夫だろうか?……



そんな事を考えていながらもまた、
「電話」
がなりました。



筆者は車を止め、電話に出ます。

筆者「はい、もしもし」
看護師「先生! 急いでください!
もうレート(心拍数)が落ちてきています」

筆者「はい、分かりました、急ぎます」






何とか病院に着いたのは、
発熱があったとされる時間から6時間が経過していました。

ナースステーションに入り、
担当の看護師さんがいたので、
すぐさま声をかけます。

筆者「看護師さん、KYさんは……」



続く

次回は本当に最終回

次回「最終回・後半:こうして春はやってきた…1年目最後の看取り


↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ人気ブログランキングへ
上1-GLいつもありがとうございます♪fight
※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
※「医者・医師」、にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へはどれか一つでOKです☆←お暇でしたらこちらも汗

↓次も読んでみたかったら拍手ばいばいを♪(笑)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/236-e45dfc4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。