☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奮闘記52:Case11「KYさんは素直にこう言いました」
Case11:こうして春はやってきた…1年目最後の看取り


1.KYさんの一番の悩みは「ひもじさ」だった?
2.ご飯食べられないか聞いてみたら?
3.食事再開への戦略
4.食事再開にはまだまだ難題が!?
5.「この方の太鼓判をいただくのが先決問題」
6.「KYさんは素直にこう言いました」
7.「最終回・前半:留守電に気づいたのは日曜の朝だった」
8.「こうして春はやってきた…1年目最後の看取り」



6.KYさんは嬉しいことを言ってくれました。
しかしまさかその言葉が………



前回まででMDS(骨髄異形成症候群)のKYさんが
何とかご飯を食べられるまでにこぎつけました。
そんなある日、KYさんは忘れられない一言を
くれたのでした。
その一言とは?

-------------------------------------------

KY「あのな、先生。」

筆者「はい?」

KY「…やっぱなぁ、先生がいてくれんと
だめじゃぁ~」

どんな深刻な話をされるのかと思っていたら、
何とも嬉しいお言葉でした。

KYさんは免疫状態が低下しており、
なるべく他の患者さんと触れないようにするため、
個室で生活しています。

すると、話し相手もいなく、
やはり毎日寂しい時間をすごしていたようです。

筆者「そうですか、分かりました。また来ますからね」

KYさん「はい、頻繁に来てくださいね~…」

いつものゆっくりとしたその口調で、
優しくそうおっしゃったのでした。



それから、なるべく「頻繁」に顔を出すように
心がけました。

筆者「今日はどうですか?」

KY「まあまあやな~」



筆者「今日はどうですか?」

KY「いいよ~」


そんなやりとりの毎日でした。


でも、こちらはあくまでも医師。
この目の前のKYさんが今どのような状態なのか、
ある程度分かっているのです。

血液の成分が少ないため、
採血をして血小板や赤血球が減るたびに輸血をして、
白血球が減るたびに増えるための注射をして、
でも悪い細胞が増えてしまうようになったため、
それもできなくなっていきました。

KYさんは、決して治るための治療ではなく、
残りの余生を少しでも元気に生きてもらう、
そのための入院でした。

それでも、朝、そして夕方顔を合わせるたびに、
いつもにこやかに笑顔を返してくれていました。



とある土曜日のことでした。

筆者はKYさんの部屋に向かいます。

筆者「どうですか?」

KY「いいですよ~」

筆者は壁にかかっていた写真の事を聞きました。

筆者「これはお孫さんですか?」
KY「そうよ~」
筆者「KYさんに似ていますね~」
KY「そうかい(笑)」

筆者「あの、KYさん。私はちょっと用事があって、
遠くに行きます。また明日の夜に顔出しますね」

KY「そうね(そうなの)~気をつけてな~」

そんなやりとりをして、
病棟を後にしたのでした。

留守電に気づいたのは次の日の朝でした。


続く

次回「最終回・前半:こうして春はやってきた…1年目最後の看取り

↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ人気ブログランキングへ
上1-GLいつもありがとうございます♪fight
※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
※「医者・医師」、にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へはどれか一つでOKです☆←お暇でしたらこちらも汗

↓KYさんの状態が気になる方は拍手ばいばいを♪(笑)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/235-439cfcf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。