☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奮闘記48:Case11「こうして春はやってきた…1年目最後の看取り」
Case11:こうして春はやってきた…1年目最後の看取り

1.KYさんの一番の悩みは「ひもじさ」だった?
2.ご飯食べられないか聞いてみたら?
3.食事再開への戦略
4.食事再開にはまだまだ難題が!?
5.「この方の太鼓判をいただくのが先決問題」
6.「KYさんは素直にこう言いました」
7.「最終回・前半:留守電に気づいたのは日曜の朝だった」
8.「こうして春はやってきた…1年目最後の看取り」

KYさんのひもじさはどうすれば……??


前回までで、
KYさんはMDSという病態の患者さんで、
細菌と戦う白血球がとても少ないため、
感染がとても怖い状態でした。
そんな中、ご飯をひっかけて肺炎にならないため、
絶食になっていたのですが……。

-----------------------------------------------

KYさんの一番の悩みは、
「ひもじさ」。
何とか食べさせてあげられないかな…

そんなことをそれとなく上の先生に相談してみました。

筆者「あの、先生?」
上級医「ん?」
筆者「KYさんなんですけど、」
上級医「どうかした?」
筆者「ひもじいみたいです。」

上級医「そりゃそうだろう、ご飯食べてないんだから」

筆者「何か食べさせてあげられないですかね」

しかしあっさり一蹴。







上級医「んなもんできるわけないだろう」







そうですよね……。

もしこの状態で、食べさせてあげて、
またひっかけたりしたら、
今度こそ命取りになるかもしれない。

そんなことを分かっていながら、
OKを出すわけにはいきません。


さてどうしたらいいものだろうか……。

明くる日もまたKYさんのところに行きました。

筆者「KYさん、調子はどうですか?」
KY「あのな、やっぱりな」
筆者「はい、」
KY「やっぱ、ひもじいぃ。」

そうですよね、そう言ってその場を去りました。


何とかならないものか……。

筆者は戦略を立ててみましたのでした。

次回 3.食事再開への戦略

拍手とコメントがあれば更新速度汗
↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ人気ブログランキングへ
上1-GLいつもありがとうございます♪fight
※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
※「医者・医師」、にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へはどれか一つでOKです☆←お暇でしたらこちらも汗
↓お疲れ様?と思ったら、拍手ばいばいを♪(笑)
スポンサーサイト
コメント

食事を食べられないってホント悲しいことですよね。
普段何気なく食べてる自分が恥ずかしくなってしまいます。

ひもじいって今の時代からは考えられない言葉ですが
早く元気になって欲しいって思いますね。

k1shさん、いつもありがとう。
[2011/05/05 20:03] URL | まき #L1x6umnE [ 編集 ]

まきさん!
コメントありがとうございます。
医療として病気を治せばそれでよいという考えもあるかもしれませんが、
何とかして少しでも良い生活を送ってもらえないかな、
と考えることもあります。
死期が迫っている患者さんなどは特にそうありたいですよね。
[2011/05/09 00:59] URL | k1sh #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/229-eb309e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。