☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奮闘記45:Case10「印象に残った笑い集♪2」
1.う○ちがもれました。
2.お前もキツネの仲間か!
3.あんたは元気やな。



夜中にキツネになってみました



「せん妄」という状態があります。

入院して、点滴を入れられたままになったり、
尿の通り道に管を入れられたままになったりすると、
今の自分の状態を理解できなくなったり、
見えないはずのものが見えてしまったりすることがあります。

高齢の女性患者さんである、
フラワーさん(仮)も同じでした。


当初入院したときはとても愛想がよく、
フ「どうもすみませんねえ、ありがとね」
と治療にも積極的でした。

しかし、入院後2日目あたりになると、
だんだん不思議な行動が増えてきました。

点滴を自己抜去(自分で抜いてしまう事)したり、
尿の管をひきちぎったりしてしまうようになりました。

しまいには、聴診をしようとすると、


フ「あんたは私を殺す気か! もうそんなもんせんでええ!
  早く包丁持ってきて頂戴、こんなもん切ってしまうから!」


看護師さんからもだいぶ苦労しているようで、
だんだん自分に対して冷たい視線で見られるようになりました。

看護師「センセェ、早くフラワーさん退院させてくださいよ?」

もちろん半分冗談でしょうが、それほど、
みんな参っていました。



ある日、夜中に病棟から呼ばれて、
フラワーさんの下へ向かいました。

実際たいしたことも無く、
様子を見れると判断したのですが、
一応血圧だけは測っておこうと思いました。


k「フラワーさん、ちょっと血圧だけ測りましょうか……」

夜中の病棟は静けさで満たされています。

…もう寝てるかな…
…静かに血圧だけ測って早く帰ろう…

そんなこと考えていました。



……???……



フラワーさんは微動だにせず、
静かに横になっていました。

てっきり寝ていると思いましたが、
何か変でした。




よーくみてみると………




……!!!…




「目」だけ開いているのです。


薄暗い暗闇の中、
「目」だけ開けて、じっとこちらをにらみつけるように
見ていたのです。


………寝ているのか? おきているのか?………


たまに目を開けて寝る人もいるし、
一応、ちょっと血圧測ってみようか。

そう思って血圧計を腕に巻こうとすると、



「ふんっ!」



危機一髪でした。

フラワーさんの右フックが筆者の顔面をかすりました。

あ、危ないぞ! これは……


暗闇の中、黙ってにらまれ続け、
恐るべきスピードで右フックをかすられた筆者は
完全に呆然としてしまいました。


……これはまずい、手に負えないぞ……




仕方なく看護師さんに相談しました。


するとさすが看護師さん、手馴れた手つきで
フラワーさんに近づいて
何事もなかったかのように血圧計を巻き始めました。


もちろんフラワーさんも黙ってません、
そこで出た言葉が、


フ「あんたもキツネの仲間か!」


キツネ??

自分はキツネだったのか……




しかし看護師さんはさすがです。

看護師「キツネってなんですかぁ?」

そういいながら血圧を測り終えました。




看護師さんのすごさを垣間見た瞬間でした。
この後も書ききれないほどの沢山の戦いがありましたが、
無事退院されました。

これがきっと最初で最後(?)のキツネになった瞬間でした
(了)

次回3.「あんたは元気やな。」

拍手とコメントがあれば更新速度汗
↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ人気ブログランキングへ
上1-GLいつもありがとうございます♪fight
※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
※「医者・医師」、にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へはどれか一つでOKです☆←お暇でしたらこちらも汗
↓お疲れ様?と思ったら、拍手ばいばいを♪(笑)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/221-27cf48f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。