☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この大震災に理由などあるのか?
この途方も無い被害を出した、
今回の大震災。

この日本、いや世界にとって大きな衝撃と
悲しみをもたらしたこの災害を、
私達はどう受け入れたらよいのでしょうか?

そんな事を考え続け、
一つのヒントとなるのではないかと思うものが
あります。


それは、

「偏(ひとえ)に風の前の塵に同じ」
Case9「1/4 ワタリ(仮名)さんとの出会い」
Case9「2/4 退院日の涙のワケは?」
Case9「3/4 ワタリさんとの再会」
Case9「4/4 偏に風の前の塵に同じ…」

奇しくも2011年、2月8日から4記事に渡って書いた
この記事。
まさかそのおよそ一ヵ月後に
その意味を痛いほど知らされる現実が
迫っていたとは思いもよりませんでした。

まさに言葉通り、まるで
「風の前の塵」
のように、1万人以上の人々の命が、
一瞬にして失われてしまいました。

これほど悲しい事件を今までに私は
経験も想像すらしたことはありません。

この大地震、
※東北地方太平洋沖地震
※東北関東大震災
※東日本大震災などと呼ばれているようです。
はその震災によるもののみならず、
大津波、そして福島第一原発からは、
放射能の危険性、そしてメルトダウンの驚異に
多くの人がさらされることとなりました。

亡くなった方々のご冥福を祈ると共に、
現在も必死に頑張っている方々に、
心からのエールを送りたいと思います。



「全ての物事には必ず何らかの意味がある」



この考えは、私達が辛い時、
苦しいときに特に助けになります。

どんな苦しいことも、
きっといつか何かの役に立つ……

どんなに厳しい状況でも、
生きてさえいれば、きっといつかその意味が分かる日がくる……

そうやって多くの人は困難を乗り越えてきたはずです。



しかし、今回の大震災のように、
多くの人々の命が失われてしまった場合、
一体その「意味」とは何なのでしょうか?

あの多くの人々の命がたったひそやかにでさえ、
2011年の春、そして夏、その後の多くの年数を
生きる権利さえ与えられなかった………

その事実に意味、理由などあるのでしょうか。






………。







あまりに大きな悲しみのため、
その理由、意味を見出すには多くの時間がかかるでしょう。

しかしそのヒントとなる言葉と、
数ヶ月前出会うことが出来ました。


筆者が時々お世話になっているサイト
「KOKOROちゃんねる」
※2ちゃんねるの感動できるフラッシュを
集めたサイト
の中にある、その一つ。

「WALKING TOUR」


何か大切な事に気づかせてくれました。

「歩くのを止めた人は、決して『いなくなった』わけじゃない
そこに立ち止まって、僕らのことを見守っていてくれているんだ」


「今、この世を去り逝くことと、数十年後去り逝くことは
その時間の差は長いようで、終わってから振り返ると実は短い」

「うしろばっかり見ているとつまずくぞ!
しっかり前向いて歩け!」



無念ながら、3月11日に歩みを止めなければならなかった、
多くの方々へ。
私達の思いは常にあなたたちと共にあります。
そして、あなたたちの魂は常に私達と共にあります。

いつかあなた達の元へいくその時まで、
私達は歩き続けます、
精一杯歩き続けます。

だからどうか見守っていてください、
大きな苦しみ、困難を乗り越える力をお与えください。


私達は歩き続けます。
時には振り返りながら、でも前を向いて。

このWALKING TOURはいつか終わりが来るのでしょう。
でもそれはみんな同じ。

その日まで、見守ってくれている人に恥ずかしくないよう歩き続ける。
今私達に出来る事はこのようなことなのではないかと思うのです。


最後に。
震災で亡くなられた多くの方々の
ご冥福をお祈りします。


拍手とコメントがあれば更新速度汗
↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
上1-GLいつもありがとうございます♪fight
※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
※「医者・医師」、にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へはどれか一つでOKです☆←お暇でしたらこちらも汗
↓お疲れ様?と思ったら、拍手ばいばいを♪(笑)


スポンサーサイト
コメント

大変な地震が起きましたよね。

報道を見て毎日涙を堪えるのに必死です。
天災には敵わないっていうのは分かっているんですが
どうしてこんなことが起きたんだろうっていう思いで
いっぱい・・・。

先ほどもニュースを見ていたんですが被災地に小児科の
お医者さんがいらっしゃったとか・・・。
大人は我慢できても子供は我慢できませんもんね。
お医者さんがいるってだけでどれだけ救われるんだろう
って考えたらやっぱりすごいこと。

せめて傷ついた体や心を癒してくれるといいのになぁ
って思います。

k1shさん、いつもありがとうね。
[2011/03/20 23:21] URL | まき #L1x6umnE [ 編集 ]

コメントありがとうございます。
本当にいたたまれない事件ですよね。
もし出来るなら今すぐにでも被災地に飛んで行きたいと思っています。
実際さりげなく志願したのですが、
やはりそこはこちらの事情もあるらしく、却下でした(>_<)
同じ日本で起きていることなのに、
何とも歯がゆく感じます。
少しでも早く多くの人の心の傷が癒されるといいですね。
[2011/03/22 00:12] URL | k1sh #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/219-ade71728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。