☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奮闘記38:Case8「認知症の老人が最期にどうしても言いたかったコト?」
Case8「認知症の老人が最期にどうしても言いたかったコト?」

認知症の方と接する機会は
沢山あります。

癌のターミナル(終末期)のその患者さん。
最期にどうしても言いたかった
その意外な願いとは??

前半:フォールさんはこうして復活した。
後半:どうしても死に切れない!?
   伝えたかったその言葉とは?





その患者さんは癌の末期で、
後は看取るだけの状態でした。
※フォール(仮名)さんとします。

とてもにこやかで、筆者と接するときも、
丁寧に接してくださいました。

認知症が進んでおり、
正確な判断は出来ませんが、
それなりに受け答えをしっかりしてくださる方でした。


ターミナル(終末期)の患者さんは、
特に積極的な治療はせず、
ただ苦しくないよう、ケアしてくことが
主になっていきます。


ある日、フォールさんは体調が悪化し、
意識レベルも低下、
話も出来ない状態になりました。


……あぁ、残念だけど、もう限界なのかな……


誰もがそう思いました。



しかし、次の週、フォールさんは、
復活したのです、まるで何事もなかったかのように…

誰もが驚きました。


看護師A「もう駄目かと思いましたけどねぇ」
筆者「そうですね……」


この話をしながら、筆者は別の事を考えていました。

そういえばこの方、あの時……



フォールさんがどうしても伝えたかったあの言葉を
思い出したからです。


次回「どうしても死に切れない!?
    その伝えたかった言葉とは?」

拍手とコメントがあれば更新速度汗
↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
上1-GLいつもありがとうございます♪fight
※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
※「医者・医師」、にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へはどれか一つでOKです☆←お暇でしたらこちらも汗
↓お疲れ様?と思ったら、拍手ばいばいを♪(笑)
スポンサーサイト
コメント

実は知ってる人がそういう状態だったりします。
認知症ではないんですが重い病気で・・・って
いう感じです。

人はいつかはいなくなるんですが知ってる人だと
やっぱり淋しいですね。少しでも長くとは思いますが
それより苦しい思いだけはして欲しくないっていう願い。

人の死って考えさせられますね。

k1shさん、いつもありがとう。
[2011/01/30 19:45] URL | まき #L1x6umnE [ 編集 ]


>まきさん
コメントありがとうございます。
身近にそういう方がいらっしゃるんですね、
とても不安な気持ちでいらっしゃると思い、お気持ちお察しいたします。

逆にこういった思いを教えていただいたことで、
自分も明日から患者さんと接するときに、
しっかりと接していきたいと思うようになりました。

少しでも患者さん、そしてその周りにいる方にとって、
良いようになるよう今後も頑張っていきたいと思います、
ありがとうございました。
[2011/02/07 00:07] URL | k1sh #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/211-0ae4aa4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。