☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奮闘記37:Case7「夜間に乳児診察のナゼ?」
Case7「1歳の乳児!? どうする?」

の第4回です。

何とか初の深夜の乳児診察を終えた筆者。
しかし、何故深夜、小児科の無い当病院に、
駆け込む必要があったのか?

それは決して無視する事の出来ない、
とある「地域の事情」があったのです。

4.でも何故小児科の無い病院に来た??


1. 1歳の乳児が嘔吐!? 乳児は診たことないのにどうする?
2.上級医からの渇! さてどうするか?
3.必死の診察
4.でも何故小児科の無い病院に来た??


↓↓↓

前回

深夜に何故小児科の無い当病院に
夫婦は駆け込む必要があったのか?

その乳児は一週間前に小児科を受診していました。
そこはここから、フェリーを乗らなければ行けない場所に
あるのです。

真夜中にフェリーは動いていません。

では、フェリーに乗らないでいける小児科は無いのか?



ありません。



当病院の近くには小児科医として経験のある医師が
一人もいません。
車で一時間位走らせてやっとある程度です。


筆者のいる県では小児科の数は、もう限界まで来ており、
今でも医師の引き上げ
※その病院から小児科を無くす
が相次いでいます。

特に筆者のいる地域では更に深刻です。
あまりにも小児科医のマンパワーが少なすぎるのです。

それで、あまりに負担が多くなるものだから、
さらに人が少なくなる……の悪循環なのです。



小児科が近くに無い地域に住みたいと思うでしょうか?
若い夫婦は好きで小児科の無い病院の夜間外来に来たでしょうか?

そんなはずはありません。

さらに小児科が無いということは、
その地域の今後の発展にも大きな暗雲をかざします。



当病院が設立されたとき、小児科の設立も提案されたそうです。
しかし、最終的に却下されたそうです。
何故でしょうか?


それは「不採算部門」となりうるからです。
大きな収入にもならないにも関わらず、
採血や検査一つにしても人手がかかる、
そういった部門であるために、
切り捨てられたそうです。


しかし、その結果どうでしょうか?
子育てに安心出来ない若い世代は、
この地域から離れ、みんな少し離れた、
小児科のある比較的大きな地域へ移るようになりました。
こうしてこの地域の少子高齢化は恐ろしいスピードで
進行しています。

この地域の未来はどうなってしまうのでしょうか。



筆者はこの地域の病院で研修をして、
一つの「小児科」というものが、
その地域の発展にもどれだけ寄与しているのか、
ということをひしひしと感じました。
※実際に半年間自分の子どもも一緒にいましたが、
小児科が近くに無いということに
とても不安を感じました。


これは単なる努力、頑張り、だけではなんともなら無い
問題だと思います。

国家レベルで、もっと改善していかなければ
ならない問題だと思いました。

(了)


次回Case8 ちょっと面白い話「認知症の老人が最期にどうしても言いたかったコト?


1歳の乳児が嘔吐!? 乳児は診たことないのにどうする?
上級医からの渇! さてどうするか?
必死の診察
でも何故小児科の無い病院に来た??


拍手とコメントがあれば更新速度汗
↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
上1-GLいつもありがとうございます♪fight
※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
※「医者・医師」、にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へはどれか一つでOKです☆←お暇でしたらこちらも汗

クリック「ちょっと気になる」、「後でじっくり読みたい」人はクリック!
↓お疲れ様?と思ったら、拍手ばいばいを♪(笑)
スポンサーサイト
コメント
新年好!
あけまして、おめでとうございます!
忙しい毎日と思うんですけど、今年も良い年でありますように。

ははとして、小児科がないのはとても心配です!
そう考えると今住んでいる地域本当に便利で安心です、ありがたいですね。
[2011/01/04 21:31] URL | るる #I9hX1OkI [ 編集 ]


あけましておめでとうございます。

小児科や産婦人科の先生が少ないっていうのは
ニュースで見た覚えがありますよ。
実際に自分の子供がそういう状況になったら
考えてしまいますね・・・。

病院も利益を出さなきゃいけないのはもちろん
理解しているんですが採算が合わないから
小児科を作らないっていうのも怖い話しですね。

k1shさん、いつもありがとう。
今年もよろしくお願いします。
[2011/01/05 20:23] URL | まき #L1x6umnE [ 編集 ]

コメントありがとうございます!
あけましておめでとうございます!
>るるさん
昨年はるるさんと出会えた年でありました。中国についても色々知るきっかけを沢山いただきました♪ 今年も是非ともよろしくお願いいたします!

>まきさん
昨年は沢山の写真をありがとうございました!
見ていてとても癒されましたf^_^;
小児科の事情は、思っていたより、深刻のようです…
今後もお互い頑張りましょう!
[2011/01/05 20:51] URL | k1sh #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/207-1ff01a8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。