☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会学6 医学で人は救えない!?
社会学ビルについては
左のカテゴリーから「社会学・郊外へ」をご覧ください。
※「ブヒッそもそもこのブログは何?」
というかたは、ホーム家もしくは
目次詳細をご覧ください♪

社会学6です。
テーマは
「医学で人は救えない!?」
というかむしろ、人を救うことによって、
人間は滅びるのでは?

についてです。

今回でついに終わります
>>前回を踏まえ
「淘汰発言に対しこう思う」です。



「高度医療のおかげで以前は自然に淘汰された
機能障害を持ったのを生き残らせている」


という発言が仮にあったとして、

それに対しどう思うか。



非常に難しい問題であると思います。

且つ、現在の高齢化社会と対峙していくにあたって、

これは限られた人間でなく、

みんなで考えていかなければならない問題であると

感じています。

だからこそ、これら記事を書こうと思った訳です。





高騰する医療費(とは言え、日本は先進国の中では低い水準であるので、
本来ならもっと費やしてもいいはずですが、)の中、

綺麗ごとは言えません。



意図しないスパゲッティ症候群などを防ぐためにも、

どう生きるか、と同じ位どう死すか、

これは今後長い時間をかけて議論し続けるべき課題であると考えます。



しかし今現在の私の考えでは、

>>前回の記事で述べたように、

「医学で人は救えない」

というわけではなかった、と信じています。



医学の進歩は前回のキリンの例で言えば、

「えさを少し低いところに持ってきてあげる」

もしくは、

「首の短いキリンも餌を食べられるように
台を持ってきてあげる」


ということに近いのではないでしょうか。




そうすることによって、

首の短いキリンは

「遺伝的に劣っているキリン」

ではなくなるようにしていく作業、
(餌が低いところにもあるので、首が短い事は
デメリットでなくなる)


ではないでしょうか。



すると、医学の進歩は、

「首の短いという劣った遺伝子を残す」

作業ではなく、

「首の短いキリンも通常の生活を送れる
社会を築く事」


になるのではないでしょうか。





そこまで考えて、

自分としてはほっと一安心しました。

自分はこのまま進んでよいのだと。




他にも色々書きたい事はありましたが、

長くなってしまい、未完成で終わってしまう可能性が

あることを考えると、

本テーマはここで終わりにしたいと思います。


ネット上を探せば、阿久根市竹原市長発言に関する沢山のサイトがあることに

驚きました。


答えなんてものはないと思いますが、

より多くの人が、より沢山のそしてより正確な知識を持って、

このテーマについて一緒に考えていってくれたらと思い、

この記事を書きました。


何らかの意見などを頂けたら、筆者の苦労が報われますf^_^;




スポンサーサイト
コメント
コメントありがとうございます☆(^-^)/ 
生体レベルでの課題解決と
社会的課題に対するアプローチをどのように進めていくのか。
医学だけがすべての構成要素ではないですが、
医学が人々を救うきっかけを与えてきたのも事実だと思います。
わたしたちは、
短い首のキリンだったとしても、
植物の芽をはやい段階で食べつくしていたのだとしても、
何らかの生きていくための筆を、意思を持ち続けようとするのでしょう。
人々のえがく活動が、
どのような物語を与えていくのかは、分かりません。
1人の人間をミクロあるいはマクロで捉えれば、
小さくも、大きくもいろいろな焦点ががあたるのでしょう。
今、与えられた目的に対して、
生きていくこと、
それらの交錯したものが社会の中での活動であり、
様々な分野での素材や技術革新などにより、
キリンの首という特殊性だけではない、
人間社会の独特な社会を構築するのかもしれません。
きれいごとばかりではないですが、
生きる力を信じたいですね!
な~んて、
偉そうなことを言って、現実との乖離に日々悩むお年頃なおじいさんでした(^_^;)。
( おじゃましました!)
[2013/03/13 01:01] URL | 4051番目のおじさん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/167-09f13e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。