☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奮闘記4 Case1:どうするの?
担当患者さんが、退院日に、

脳梗塞で倒れた!

指導医のいないなか、筆者は……?


Case1 笑顔の退院のはずが…早速洗礼を!
1.序曲「事態は既に始まろうとしていた…」
2.脳梗塞発症! さて、お医者様のあなた、どうする!?
3.あなたは主治医でしょ? どうすんの?
4.頭はパニック状態! 一体どうすれば…?
5.「その処方出したら、患者さん死ぬよ?」
6.さあ、この大きな山を乗り切れるか?
7.医師となったあなたへメッセージ。その大切なものとは?
今まで、大体指導医の先生について、

色々検査や治療をしてきました。



今、指導医の先生はいません、

自分独りで決めなければならないのです。


「さあ、どうするの? あなた主治医でしょ?」

「(そんなこと言われたって……)」



一応、国家試験は通る程度の知識はあります。

脳梗塞の病態、治療の大体のことはわかります。



しかし、それはあくまで

「国家試験レベル」

の話なんです。



現場では、

今この患者さんが

・どういう状態で
・どの治療法が最適で、
・それをすべて指示を自分でだす

薬一つにしたって、

それがこの病院では何という薬なのか、

点滴なら、何ccに溶かして、

普通に投与してよいのか?

1時間かけて投与するのか?

そういった、完全なものが要求されます。




そうなると、何一つ頭に浮かばなくなって、

その場に立ち尽くしてしまったのです。




今まで、にこやかにやりとりして、

自分のことを信じてくれている患者さんが、

大変なことになっているのに、

自分は主治医でありながら、

ほとんど何もできないでいる……



これは非常に大きな屈辱でした。


さて……これからどうしたらよいのだろうか?


つづく

拍手とコメントがあれば更新速度汗
↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ または にほんブログ村 病気ブログ 医学へ
上1-GLいつもありがとうございます♪fight
※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
※「医大生」、「医学」、にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へはどれか一つでOKです☆←お暇でしたらこちらも汗
クリック「ちょっと気になる」、「後でじっくり読みたい」人はクリック!

↓次も読みたいと思ったら、拍手ばいばいを♪(笑)
スポンサーサイト
コメント
脳梗塞
はじめまして!
 私の父(医師でした)は、93歳の時、脳梗塞で救急車で運ばれました。運よく病院には脳外科の先生方が学会のため集まっておられ最新の治療で無事退院しました。が、のちにプリンを喉につまらせて亡くなったんです~。明治生まれの頑固な赤ひげのような父でした。

 この「医師日記」はわたしの一人息子が、今年H22年センターをこけまくり、医学部を落っこちてしまって、アワワワと他学部にすべりこんでしまいました。そこで親が勝手に編入の記事を探していましたらたどり着きました。
 息子は、「医学部は夢だった。」と悲しい顔をしておりました。他学部に通いながらも言葉の端端に諦め切れていないようすが読み取れます。かといって親が浪人や編入の話をすると、医学部の話をするとイライラすると申します。v-293
 この医師日記を少しずつ読ませていただいています。息子本人が決めることですが、息子が自分の心に素直に向き合えるようになってほしいなァ。
 ほっとくしかないのかしらん。
[2010/06/04 21:42] URL | ミスティ #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます!
大変遅れて申し訳ありません。
コメントありがとうございます。
そうなんですね、赤ひげのようなお父様。
とても魅力的だとおもいますf^_^;

息子さんはそのような状況だったんですね。
息子さんを気遣うお気持ち、お察しいたします。
私は学士編入という、社会人になってからの入学をしましたから、
通常の入試をする方とは状況が異なるかもしれません。

ですが、私が思うのは、やはり自分の人生は自分の責任で、
自分で決め、自分で実行したものでないと、
実りのある結果は得られないと思いました。

その過程に、失敗や挫折もあると思います。
悩んだり苦しんだり、でもその中でそれを糧にする方法を
学んでいったりと、これら全て誰かから教えてもらう物でもなく、
やはり最後は自分で勝ち取っていく物だと思います。

自分も大きな挫折や、苦しみ、存在を否定されるような環境に
触れた事もありました。
でも、今ではいい経験だと思っていますし、
そう思えたのはその選択肢を「自分で選んだ」からだと思うのです。

受験失敗後などは、冷静に自分と向き合うのは特に難しいと思います。
ですが、もし自分が親でしたらそのときは、
暖かく、明らかに間違った方向に行かないようにだけ、
見守ってやるしか出来ないですよねf^_^;

とりとめのない文章で申し訳ありません、
ミスティさんの息子さんが、納得の行く人生を送れるよう、
祈っております。
[2010/06/20 00:08] URL | kish #- [ 編集 ]


お忙しい中 お返事をありがとうございます!

 親の夢を子供に押しつけていたのかもしれません。私は30年以上前、医学部を落ちてたのであります(笑)
 とは言うものの ひょっとして学士編入しないかな~と心の片隅に思いつつ「医師日記」を覗かせてくださいませ。応援してますよ~!
[2010/06/20 22:21] URL | ミスティ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/155-4a651032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。