☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想記70 生か死か? 死神の選択は?
回想記・混沌の学士編入編です波
あのひよこ「混沌の医学部学士編入学編ってナニ?」
という方は → カテゴリー「学編入混沌編」からご覧ください♪
ブヒッ「そもそも、回想記とかってナニ?」
という方は → ホーム家

↓回想記☆混沌の学士編入編・延長戦の目次です♪



 →医学部本編へ!!


今回は、
人生で最も死に近い瞬間をここで味わう!?
?生か死か? 死神の選択は??

です♪


前回までで、
入学する大学を「山」大学に決め、
天国の自由な二ヶ月を送っていたところ、
サーフィンに連れて行ってもらったものの、
沖へ流され、体力も落ち、
助けてくれる人は周りには全くいない、
まさに絶体絶命状態!
果たして生き残れるか?

-----------------------------------------

もうろうとしてきた意識の中で、

遠くに何かが見えました。




……あれは……人か?……




もう恥じもへったくれもありません。

大声で叫びました。


「すみません、助けてください!
すみません!!」



次の瞬間、その影は消えてました。





……なんだ、見間違えか。誰か、助けてくれ……



しばらく、飛ばされると、


今度は海の上に何かが浮かんで見えます。



………何だ?  あれは?……



もうろうとしていた意識の中、

その影を見てみました。



まるで何かがじっとこっちを見ているようでした。




……見ているなら、早く助けてくれ……



そう思ってみていると、

本当にそれは人のようでした。



「…ずいまでん! あの、だずけで、ください…」


もう必死でした。




すると、その影は一言、

「あちらへパドリング(手でこぐ)してください」



……何を言ってるんだ? この人は。
そんなことが出来たら苦労しねぇってのに!……



また飛ばされ、海に投げ出されます。




しばらくして、その影が何かを投げました。

良く分からないまま、それをつかみます。



つかみながら、何度か海に投げ出されながら、

その影が何かを言いました。



「もう足がつくでしょ」



……えっ!? 何だって?……




言った通りでした。足がつきました。





ふう?








足がつくことがこんなに嬉しいことだなんて。






その影(人)が投げてくれたのは、

ボードについている、足に結びつける輪っかでした。
※足とボードを紐で結ぶことにより、
ボードだけが勝手に海に投げ出されることを
防ぐもの。

それに引っ張ってもらい、

足のつくところまで運んでくれたのでした。




あの時岸に見えた影は、やはりその人だったようで、

なんとも面倒そうにしながらも、

様子を見に来てくれたようです。




しかし、何を言われようと、どんな対応されようと、

その時の筆者は何も考えられませんでした。

今自分は「生きて」いる。

ただ、それだけ。




死神は自分に

「とりあえず生きろ」

と命じたのでした。





しばらく、浜辺で放心状態でした。

そして色々な考えがひたすら堂々巡り。




……生きるとは何か?……

……今何故自分は生きているのか?……

……一歩間違えば、死んでいたのだ?……

……今私は何をしているのか?……




家に帰ってからも、

頭の中は真っ白でした。

家族のみんなは普通に接しているけれど、

自分は本当はここにはいないかもしれないのだぞ?

何でみんな普通にしていられるのだ?




その時見えるもの、聞こえるもの、

全てが不自然に感じました。

何故、死んでいたかもしれない人が、

今、こうして息をしているのか?




そんなどんよりとした精神状態の

扉を開いてくれたのは、

意外な人物でした。

>>次回「答はバイトの店長にあり!?」

拍手とコメントがあれば更新速度汗
↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ または にほんブログ村 病気ブログ 医学へ
上1-GLいつもありがとうございます♪fight
※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
※「医大生」、「医学」、にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へはどれか一つでOKです☆←お暇でしたらこちらも汗
 ←近未来型ブックマーク!?PC説明
クリック「ちょっと気になる」、「後でじっくり読みたい」人はクリック!

↓次も読みたいと思ったら、拍手ばいばいを♪(笑)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/147-5a9f9ae0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。