☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想記55 悪夢再来!山大学の結末は!?
回想記・混沌の学士編入編です波
あのひよこ「混沌の医学部学士編入学編ってナニ?」
という方は → カテゴリー「学編入混沌編」からご覧ください♪
ブヒッ「そもそも、回想記とかってナニ?」
という方は → ホーム家

今回は、
第5章:受験戦争開始!順調な滑り出しに思えたが…?
です♪

・二次試験実況中継!!


前回までで、
二次試験に進んだ、
「うなぎ」大学、「原発」大学は思わぬ形で不合格決定
「温泉」大学は、面接で失敗…(結果待ち)
残すは「山」大学(面接中)と「塾」大学となりました。
「山」大学面接の最後、思わぬ爆弾が筆者を襲う!!

------------------------------------

「君は嘘つきだね」

「(えっ!?)」

とある面接官の一人にそう言われて、

一瞬耳を疑いました。



「君が言った『この大学にいる友人』というのもおそらく嘘でしょうし、」


「(えっ!? 何故??)」


「第一、この大学は、フィリピンとは何も関係はありませんし。」




「(しまった!!!)」 パート2
※パート?は温泉大学面接のときです

……フィリピンとは何も関係が無かったのか……

するとあの情報は……



まさか、

『友人はあるって言ってましたよ!』

なんて言えません。

何せ、この大学の職員である方が、

「関係ありません」

とおっしゃっているのですから。




自分は黙ってしまいました。




しかし、攻撃(口撃)は続きます。




「私は関西からこの地方に来ました。それだけで、この地方の独特の
苦しみの訴え方を受け取るのに苦労しています。
あなたはもっと都会からやってきているのに、
敢えてこの地方に残ってやる意味はあるのですか?
本当にこの地方の患者さんの痛みがわかってあげられると
思っているのですか?」



「(そんなこと言われても……)」

という本音は胸にしまっておき、私は、

「はい、その点は頑張るしかないと思います。」




とう答えました。




こうして山大学の面接は終了したのです。




あの質問は「圧迫(圧迫面接)」だったのか、

そうとも考えました。
※圧迫面接は別記事で。



しかし、その地方の言葉を分かってあげられるのか、

という点に関しては、確かになるほど、と考えさせられました。



実際、今でも地方の特に高齢の方の喋りには、

分からないことが沢山あります。

「身がしぶる(しぼる)」

とか、独特の表現は、理解するまでに苦労するでしょう。




そこに何故あなたのような遠くに住んでいる人が

敢えて地方にくるのか。




難しい問いだと思います。




しかし、最も焦点を当てるべき問題は

「フィリピン問題」

でしょう



まさか、こんな事を言われるなんて…




結論から言いましょう。

実際、この山大学はフィリピンと

交換留学をしておりました。



大事なのは、その事実があったのか、無かったのか、

ではなく、



あそこで自分が自信を持って

「私が拝見させていただいたところ、
○○という講座ではこういった活動をされていると
伺ったのですが、それは間違いだったのでしょうか?」



と言えなかったという点にあるでしょう。






何故いえなかったのか?










それは簡単です。

自分でしっかり調べた情報ではなかった

からです。





そのため、あの瞬間、筆者は

「(間違った情報をつかまされた!)」

と完全に思い込んでしまったのです。





<教訓>
情報は、しっかりと自分で調べ、
整理がついたもののみを言うべし!
曖昧な情報にしがみつくな!




沢山一次を通過させていただいたことは

本当に良かったのですが、

あまりに沢山情報を集めていると、

だんだん、どれがどれの情報か、

訳が分からなくなってしまったのです。



そう言った失敗も今後挑戦する方には、

後悔しないよう、敢えてこの場で伝えて行きたいと思います。




こう色々思い出してみると、

筆者は面接でかなり失敗をしています

あまりの必死さに、

「何とか、どこか一つでいいからねじこみたい」

という思いが、

逆にどこか不自然さが出してしまったのかもしれません。




こんなんで本当に合格できるのでしょうか??



前半戦残るは「塾」大学。

ここは二次試験に残れば、

後は成績に関係なく、

ランダムに二次試験の成績上位から取るという噂の、

大学です。



また、筆者の本命の大学でもあります。

さて、この大学の二次試験はどうなることやら……




詳細は次回に!!

>次回「前半戦ラスト!本命『塾』大学でもまさかの…??」

あなたの拍手とコメントがk1shを救う!!汗
↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ または にほんブログ村 病気ブログ 医学へ
上1-GLお陰さまですごいことに?fight
※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
※「医大生」、「医学」、にほんブログ村 受験ブログ 大学編入学・社会人入試へはどれか一つでOKです☆←お暇でしたらこちらも汗
 ←近未来型ブックマーク!?PC説明
クリック「ちょっと気になる」、「後でじっくり読みたい」人はクリック!

↓次も読みたいと思ったら、拍手ばいばいを♪(笑)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/130-36c1e9fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。