☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想記8「インドから帰国、日本では大変なことに……」
インドインドインドから帰国し、

色々あったけど、インドインドインドへ行って本当に良かった?

そんな感慨にふけっていたころ、

同じ研究室の友人が驚愕のセリフを吐いたのです。

「ねえねえ、先生が怒ってたよ」

「なんで?」

----------------------------------------------
怒涛のインド編も終わり、
回想記?から、いよいよ医学部学士編入へと向かう
「医学部学士編入編」へ突入となりますfight
初めて訪れた方、今までどんなだっけ?という方は、
左のカテゴリーからちょこちょこ見ていただけたら幸いです。
「そもそもこのブログ何??」というかたはホーム家


----------------------------------------------

>>前回回想記7の続き

「今は国家試験のための重要な時期に、遊びに行くなんて、

ふざけんな。

そんなために休みをやってるわけじゃない、って」



目が「点」でした。



あまりのギャップに言葉も出ませんでした。

思えば自分は年度の始めに、

キラキラこの一年は
何かを変える一年にしようキラキラ


と思い、唯一長期休みがとれる、2月に標準をあわせ、

国家試験の勉強を前倒しにしました。




目的のお金まで足りないときは、

アップロードファイル日雇いのバイトアップロードファイルをして、

ちょっと危険な夜間バイトにも

果敢に挑戦しました。



初めていく海外がインドインドインドということで、

行く前日は体調が悪くなるほど緊張しましたが、

回想記3 回想記4 回想記5 ? 回想記7 (怒涛のインド編 )
で書いたとおり、

本当に行ってよかった、

そう思っていました。

今でも人生の最大のターニングポイントはここだ、

そう思える経験でした。



それが、たったの一言、

「遊んでるんじゃねえ」

ですよ。

確かに、

自分の今までの態度がそんな風に思わせたのかもしれませんが、

結局分かってもらえない人には分かってもらえないんだな、

ということを学ぶちょっと苦い経験でした。



また、親分のような存在だった研究室の教授学校もどきも、

医学部受験(学士編入学)には反対なんでやねんっ!!されました。


というのも、教授の知り合いで、同じように医学部の受験(学士編入学)をした人が、

心労でハートハート心筋梗塞ハートハート になったこともあり、

「あんな試験受かるもんじゃねえ!」

と一蹴。



「先生、でもその頃とは現状は違うんです、昔は2大学くらいしか

やってませんでしたが、今は20大学くらいやっていて、

入れる人の数も年間300人以上いるんです」

どんなに説得しても、駄目でした。




結局出た答は選択肢2つ。

1.医学部受験をあきらめる


2.研究室をやめる(もしくは休学)

でした。

自分としては、修士課程を卒業してから、

医学部受験を試みたかったのですが、

それは叶わないことに。

きっと親分教授は自分の事を心配して言ってくれたんだと

思いますが、自分はいよいよ追い詰められてしまいました。





悩んだあげく ・・・。 出した答は…



……長くなりましたので、続きは後ほど……

次回「回想記9」


10位圏内上昇中!めらめら ※一日一回まで有効♪
↓現在はどうか?? ↓1位を死守できるか?
 
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へにほんブログ村 病気ブログ 医学へ

※Ctrl+クリックや、マウスのクリクリでクリックすると楽です♪
☆「医大生」「医学」はどちらか一つでOKです♪
※FC2ブログはクッキーが有効でないと加算されない事があります!
説明


↑近未来型ブックマーク!?PC説明PC
↓読んだら拍手をばいばい
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://1jigen1c.blog63.fc2.com/tb.php/13-24e2fec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。