☆気ままに、「893」医師日記♪☆
薬剤師でもある、まだ成り立ての小児科医が綴る、☆涙あり笑いありの奮闘記♪
キリ番は誰の手に??

5900や6000などの
キリの良い数字を
見た人はご一報ください♪
記念碑に刻ませて
いただきますので♪
※ミニ記念碑☆
クリックで開閉します

プロフィール

※コメントに関する注意事項
クリックで開閉します

k1sh

Author:k1sh
小児科医のヒヨコ(ひよっこ?)です
伝えることが好きです。

「人を助ける仕事をしたい!」
と薬学の道を目指すも、
インドで人生変える出会いを体験
一念発起医学部を目指すことに。

暗雲の中を漂いながらも(回想記
無事医学部学士編入学試験合格

卒業後研修医時代(奮闘記)を終え
現在小児科医としてスタート。
その小児の笑顔に触れ、
嬉し楽しい毎日を過ごす一方、
ちょっぴりほろ苦い経験もしながらも、
日々過ごしています。(巣立期

コメントもらえたらかなり嬉しいです♪

リンクフリーです☆リンク大歓迎です。リンクしてくださる場合はご一報いただけると嬉しいです♪

カテゴリ

今のランキングは……?

あなたのクリックでいくら価格が変わるか??

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PING

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会学1 医学で人は救えない!?
また、飽きっぽいわたくしは新しいテーマに
首を突っ込んでしまいました…

というのも、今巷を賑わせている、

「阿久根市の竹原市長の淘汰」

発言を聞いたからです。

もともといつかは書こうと思っていたテーマですが、

丁度良い機会なので、ここで始めてしまおうかと

思います。

本テーマは「社会学」の一部、
「?医学で人は救えない!?」
というかむしろ、人を救うことによって、
人間は滅びるのでは?


というテーマについてです。

このテーマについて、様々な視点、主に
「倫理的」「生物学的」視点
などから、考察して行きます。

「知らぬという事は、時に罪になるドクロ
知らず知らずのうちに加害者にならぬよう、

知っておくべき事があるのです。


……さてさてこのテーマの終着点はいかに!?


続きを読む
スポンサーサイト
社会学2 医学で人は救えない!?
社会学ビルについては
左のカテゴリーをご覧ください。
※「ブヒッそもそもこのブログは何?」
というかたは、ホーム家もしくは
目次詳細をご覧ください♪

社会学2です。
テーマは
「医学で人は救えない!?」
というかむしろ、人を救うことによって、
人間は滅びるのでは?

についてです。

>>前回はとある予備校講師の
「強烈な一言」から始まる、概要でした。

今回はこのテーマの基本となる
「ダーウィンの進化論」
について、予備知識の無い人にも分かるように、
軽くおさらいします。

あのひよこ淘汰、っていうけど、それって本当に良いこと??」
「どうやったキリンの首は今のように長くなったの?」

などについてです。




続きを読む
社会学3 医学で人は救えない!?
社会学ビルについては
左のカテゴリーから「社会学・郊外へ」をご覧ください。
※「ブヒッそもそもこのブログは何?」
というかたは、ホーム家もしくは
目次詳細をご覧ください♪

社会学3です。
テーマは
「医学で人は救えない!?」
というかむしろ、人を救うことによって、
人間は滅びるのでは?

についてです。

>>前回は予備知識、
「ダーウィンの進化論」についてでした。

今回はこの高校生物でも習うこのテーマ。
これが、違った解釈によって、
どれだけ恐ろしいことが起こったのか?

そのの歴史「優生学」についてです。

本テーマ
「医学で人は救えない?」
の本質が少しずつ垣間見えてくるでしょう……


続きを読む
社会学4 医学で人は救えない!?
社会学ビルについては
左のカテゴリーから「社会学・郊外へ」をご覧ください。
※「ブヒッそもそもこのブログは何?」
というかたは、ホーム家もしくは
目次詳細をご覧ください♪

社会学4です。
テーマは
「医学で人は救えない!?」
というかむしろ、人を救うことによって、
人間は滅びるのでは?

についてです。

>>前回は予備知識、
「優生学」についてでした。


「遺伝的に劣っている人のために、
国家の財政をつぎ込むのは無駄なことなのである」


このような理論を展開するために

優生学は持ち出されました。



果たしてこの理論は正しいか?




続きを読む
社会学5 医学で人は救えない!?
社会学ビルについては
左のカテゴリーから「社会学・郊外へ」をご覧ください。
※「ブヒッそもそもこのブログは何?」
というかたは、ホーム家もしくは
目次詳細をご覧ください♪

社会学5です。
テーマは
「医学で人は救えない!?」
というかむしろ、人を救うことによって、
人間は滅びるのでは?

についてです。

>>前回は「医学で人は救えない??」でした。

私達人間で
「遺伝的に優秀、劣っている」
とはどういうことでしょうか?

勉強が出来れば優秀?
空気が読めない人は劣っている?
病気になりやすい人は劣っている?
健康な人は優秀?

これらの答えのヒントをくれたのはとある患者さんでした。


続きを読む
社会学6 医学で人は救えない!?
社会学ビルについては
左のカテゴリーから「社会学・郊外へ」をご覧ください。
※「ブヒッそもそもこのブログは何?」
というかたは、ホーム家もしくは
目次詳細をご覧ください♪

社会学6です。
テーマは
「医学で人は救えない!?」
というかむしろ、人を救うことによって、
人間は滅びるのでは?

についてです。

今回でついに終わります
>>前回を踏まえ
「淘汰発言に対しこう思う」です。


続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。